「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 《ドイツ語の授業 ヘルマン・ヘッセ 三回目》

<<   作成日時 : 2017/04/27 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

瀬谷こけし

今日は同志社のドイツ語の授業、今年度三回目。「応用」の方の授業は、早速二回目の読解になった。テキストとして読んでいるヘルマン・ヘッセの「樹々」というエッセーに次のような言葉があった。

>Wer mit ihnen(=Bäumen) zu sprechen, wer ihnen zuzuhören weiß, der erfährt die Wahrheit.

「樹々と語り合うことのできるひと、樹々の語りに耳を傾けることのできるひと、そういうひとはほんとうのことを学び知ることができるのだ」
とういぐらいに訳せるだろうか。樹々は「生きることの根本的な掟」(das Urgesetz des Lebens)を説いてくれるのだとヘッセは言う。

 わたしも数年前に、樹々ではなく空き地の雑草たちだが、三年間通い続けて、彼らからそんなこと、「生きることの根本的な掟」を学び取らせてもらったことがある、と感じている。そうして一度写真の個展を開き、そして『むろのつ』21号に、「地域学のすすめ---草木虫魚悉皆成仏」を書かせてもらったのだった。

 「生の根本法則」、それは仏教的に表現すれば無明ということではないのか? おのおのの生がおのれの内には神があって、(その神の与える)おのれの課題は神聖だと信じること、このことこそ無明なのではないか? ここでヘッセは「神」を無冠詞で使っている、とはいえ(*)。文脈を考えればこの「神」は、「わたしの神」(mein Gott)と呼ぶべきものなのだ。「わたしの神を信じるエゴイズム」これこそ無明な生そのものなのだ。

 仏教は、無明の自覚こそ、覚醒への第一歩だと言い、そしてまたヘッセも、その方向に思考を進めてゆくのではあろうが。


 ともあれここでヘッセはそれを真実(die Wahrheit)と呼んでいる。樹々にも人にも共通する生の無明という根本法則を。





注*
そこのところの原文を紹介しておく。
>Ich vertraue, daß Gott in mir ist. Ich vertraue, meine Aufgabe heilich ist. Aus diesem Vertrauen lebe ich.
(Hermann Hesse, Bäume, Insel Taschenbuch 455, S. 11)




Baeume: Betrachtungen und Gedichte
Insel Verlag Gmbh
Hermann Hesse

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Baeume: Betrachtungen und Gedichte の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
《地域学のすすめ---「草木虫魚悉皆成仏」》
 以下の原稿は『会報 むいろのつ』(発行、「嶋屋」友の会)第21号のための原稿である。発行から既に一年余を経過しているので、発行元への義理立てももう十分だと考える。実は昨日赤坂憲雄、鶴見和子の『地域からつくる〔内発的発展論と東北学〕』を読み、啓発されたが、しかしそこでは論じられていない重要な問題があると思えた。誤解を恐れずに言えば、それは鳥獣草木虫魚がみずからおこなう活動も地域や国の文化の創造であるという論点である。この論点の発案は岩田慶治先生に帰さなければならない... ...続きを見る
「世界という大きな書物」  中路正恒公式...
2017/04/27 01:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

特集

《ドイツ語の授業 ヘルマン・ヘッセ 三回目》 「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる