「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 《梅村堤の跡?》

<<   作成日時 : 2017/04/07 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

瀬谷こけし

画像

画像

画像



 昨日(4月6日)はなぜか北の方に歩いてゆきたくなって、結局斐太高校の運動場のわきから大八賀川の右岸(東側)を歩いた。先へ少し進めば宮川との合流点にでるが、そのまま右岸を進む。すると左岸の方で護岸工事をしていて、めずらしいものが見えた。どうやら工事して河岸を掘った下から昔の堤石らしきものが出てきているのだ。これは多分、昨年の福井先生の講義で話のあった、明治初年梅村堤の跡ではないのだろうか? それがその後の護岸工事で埋められていた? 土の中に埋まっていたとしか思えない石や石壁が見えていた。これもこの工事中の一時期しか見られない姿だろう。貴重な写真と言えるかもしれない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

特集

《梅村堤の跡?》 「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる