「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 《橋本繁蔵》

<<   作成日時 : 2017/06/30 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

瀬谷こけし

 わたしが、飛騨人の生活と文化を読み取るための窓口として、橋本繁蔵さんに教わったことを最も深い手掛かりにしている、ということは何度も語ってきたことだ。実際2001年から、2011年まで11年間、毎年繁蔵さんにクマ狩りに同行させてもらってきた。そしてそのクマ狩りの期間(決して長くはないが)、毎晩繁蔵さんの家に寝泊まりさせてもらってきた。そして食事も三食とも一緒だ。
 そういう風にしてクマ狩り期間の中の何日かを繁蔵さんと一緒に過ごしてきた。その間に教えてもらってきたことはとてもたやすく語れるようなことではない。民俗にも、言葉にも、繁蔵さん自身の生い立ちにも関わることだ。その間、橋本さんの技や読み取りのの数々について、繁蔵さんの技の卓越については何一つ疑問を抱くようなところはなかった。男の中の男、猟師の中の猟師と呼ぶべき人物だった。
 その間一度だけトラブルがあって、関係が悪くなったことがあった。それは、狩りからの帰り、繁蔵さんが往復に使ったわたしの車(スカイライン)のなかで煙草を吸おうとして、わたしがそれを拒否したことだった。---その事件に含まれている問題については、科研費補助金による研究の報告書の中で書いた。『東アジアにおける人と自然の対抗/親和の諸関係にかんする宗教民俗学的研究』(課題番号 16320011)の中の「飛騨の熊猟から人間と自然の関係を見る」という報告書のことだ。その中でわたしは熊狩りにおけるリーダーの権力はクマ狩りをする山中においては絶対的なものであっても、平地での生活では制限を行う必要がある、という論点を提示したのであった。この論点はこれまで正しく提出されたことがなかったとわたしは考えている。
 その後、この報告論文を書いたこと、そしてわたしの方から和解のしるしのプレゼントをしたことで、わたしと繁蔵さんとの関係は修復された(繁蔵さんはその報告書を大いに喜び、もう一冊姉にもくれとわたしに求めた)。
 だが今ここで語っておきたいのはもう一つのことだ。それは2011年2月に以後修復されることなく橋本さんとの関係が絶たれた理由のことだ。もう猟期も最後になろうという日の夜わたしは繁蔵さんに、飛騨での学問の分野で一番信頼しているのは誰だ、と問われた。わたしは何のためらいもなくある先生の名を上げた。その方の名前も、人物も、評判も知っていて、その人物で間違いないと繁蔵さんは言った。そしてその人物を自分は信用しない、と言った。---繁蔵さんがその人物をほんとうに直接知っていたのかどうか、そして何をもとにその不信感を懐いたのか、その辺のことをわたしは突き止めることができていない。あるいは猟師仲間からの風評にすぎない事だったかもしれない。あるいは実際上の細かな利権に関する問題かもしれない。だから何をもって繁蔵さんはその方への不信をぬぐい難くしたのかを知らない。だが、そのことに関してもう議論の余地はなかった。
 わたしはその時その晩、すべての荷物をまとめて繁蔵さんの家を出て、妻の実家の方に泊めてもらうようにする他はなかった。これまでの恩義に対して礼を言って、わたしは橋本邸を後にした。それ以後、彼に家に行ったことは一度もない。
 それからニ三年ほどして、彼の訃報を聞いた。わたしは京都から車を走らせて彼の葬儀に参加した。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

特集

《橋本繁蔵》 「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる