アクセスカウンタ

<<  2017年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


《橋本繁蔵》

2017/06/30 01:15
瀬谷こけし

 わたしが、飛騨人の生活と文化を読み取るための窓口として、橋本繁蔵さんに教わったことを最も深い手掛かりにしている、ということは何度も語ってきたことだ。実際2001年から、2011年まで11年間、毎年繁蔵さんにクマ狩りに同行させてもらってきた。そしてそのクマ狩りの期間(決して長くはないが)、毎晩繁蔵さんの家に寝泊まりさせてもらってきた。そして食事も三食とも一緒だ。
 そういう風にしてクマ狩り期間の中の何日かを繁蔵さんと一緒に過ごしてきた。その間に教えてもらってきたことはとてもたやすく語れるようなことではない。民俗にも、言葉にも、繁蔵さん自身の生い立ちにも関わることだ。その間、橋本さんの技や読み取りのの数々について、繁蔵さんの技の卓越については何一つ疑問を抱くようなところはなかった。男の中の男、猟師の中の猟師と呼ぶべき人物だった。
 その間一度だけトラブルがあって、関係が悪くなったことがあった。それは、狩りからの帰り、繁蔵さんが往復に使ったわたしの車(スカイライン)のなかで煙草を吸おうとして、わたしがそれを拒否したことだった。---その事件に含まれている問題については、科研費補助金による研究の報告書の中で書いた。『東アジアにおける人と自然の対抗/親和の諸関係にかんする宗教民俗学的研究』(課題番号 16320011)の中の「飛騨の熊猟から人間と自然の関係を見る」という報告書のことだ。その中でわたしは熊狩りにおけるリーダーの権力はクマ狩りをする山中においては絶対的なものであっても、平地での生活では制限を行う必要がある、という論点を提示したのであった。この論点はこれまで正しく提出されたことがなかったとわたしは考えている。
 その後、この報告論文を書いたこと、そしてわたしの方から和解のしるしのプレゼントをしたことで、わたしと繁蔵さんとの関係は修復された(繁蔵さんはその報告書を大いに喜び、もう一冊姉にもくれとわたしに求めた)。
 だが今ここで語っておきたいのはもう一つのことだ。それは2011年2月に以後修復されることなく橋本さんとの関係が絶たれた理由のことだ。もう猟期も最後になろうという日の夜わたしは繁蔵さんに、飛騨での学問の分野で一番信頼しているのは誰だ、と問われた。わたしは何のためらいもなくある先生の名を上げた。その方の名前も、人物も、評判も知っていて、その人物で間違いないと繁蔵さんは言った。そしてその人物を自分は信用しない、と言った。---繁蔵さんがその人物をほんとうに直接知っていたのかどうか、そして何をもとにその不信感を懐いたのか、その辺のことをわたしは突き止めることができていない。あるいは猟師仲間からの風評にすぎない事だったかもしれない。あるいは実際上の細かな利権に関する問題かもしれない。だから何をもって繁蔵さんはその方への不信をぬぐい難くしたのかを知らない。だが、そのことに関してもう議論の余地はなかった。
 わたしはその時その晩、すべての荷物をまとめて繁蔵さんの家を出て、妻の実家の方に泊めてもらうようにする他はなかった。これまでの恩義に対して礼を言って、わたしは橋本邸を後にした。それ以後、彼に家に行ったことは一度もない。
 それからニ三年ほどして、彼の訃報を聞いた。わたしは京都から車を走らせて彼の葬儀に参加した。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《ロベルト・シューマンの風景》

2017/06/20 23:00
瀬谷こけし


画像



 シューマンの風景が最近急に変わりつつあるように思う。演奏で言えば、アンデルシェフスキの《早朝の歌》op.133、イッサーリスの《チェロ協奏曲》op.129、ホリガー解釈の《早朝の歌》、《カノン形式による6つの小品》op.56、《3つのロマンス》op.94、ケルニャック&ロイツィンガー《ヴァイオリンソナタ第1番》op.105など。他にも何曲か上げられるだろう。シューマンの最晩年の(と言っても40代の)曲が理解され、弾かれるようになってきたのだ。---これは驚くべきことだ。それによって、私的に述べさせていただくなら、バッハを聴いて喜びと満足を覚える世界観が崩れてしまうようなことなのだ。---ほとんど鬱病の底とも言うべきメンタリティーが確実に理解され、広がり、そして絶望的な非常に苦しい葛藤の細部にまで光が当たるようになってきたのだ。シューマンの偉大さ…。
 それとともにシューマンが、ヘルダーリンと非常に近いところで発見されてきたのだ。
 ホリガーは、ロベルト・シューマンが1853年11月初旬(エンデニヒの精神病院に入院する4ケ月前)に書いた「チェロのためのロマンス」をクララが1893年にブラームスの助言を受けて焼却してしまったことを重視する。---なんという犯罪! 

 しかし、何にせよ、先述の演奏者たちによって、最晩年のロベルト・シューマンの音楽が理解され、聴きうるようになったことを、わたしは喜びたい。



灰の音楽~シューマン&ホリガー:室内楽作品集
ユニバーサル ミュージック
2014-09-10
ホリガー(ハインツ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 灰の音楽~シューマン&ホリガー:室内楽作品集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


《眉山より一首》

2017/06/18 06:39
瀬谷こけし


画像



 昨日(6月16日)ほぼ二回目の徳島。一回目は徳島大学で関西哲学会があったとき、食事のできるところを探して、先輩二人について町を歩いて、結局いい店が見つからず、ホテルに戻って夕食にしたという話。そのとき眉山が心に沁みついた。
 今回は、京都を出るのが遅くなって、四国村には間に合わなくなったので、まずは眉山を目的に徳島に行った。

 眉山の上から下の街の暮れ行くさまを見ていた。

 拙詠一首

> 眉の山眼下の街の暮れゆくを見つつぞあらむ世の終わりまで


 能因の象潟歌に似ているかもしれない。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《この夏》

2017/06/12 21:39
瀬谷こけし


画像



 今年の夏はシルス・マリーア(スイス)に行こうと思っている。ニーチェが『ツァラトゥストラ』第二部を書いたところに、同じ時期に行っておきたいからだ。シルスに一週間ほど泊まりたいと思っている。今年の春はラパッロ(イタリア)を逃してしまった。そこは10日ほどで『ツァラトゥストラ』第一部を書いたところ。去年8月のタウテンブルクから、あるいはローマのサンピエトロ聖堂から、あるいはメッシーナから、あるいはジェノヴァから、オルタ湖畔のモンテサクロを経て、134年前のニーチェの足跡をたどりたいから。とりわけルー・フォン・ザロメとのつながりと距離とをできるだけ的確に押さえたいと思っているからだ。シルス・マリーアは1881年8月はじめの永遠回帰の体験の場所でもある。ルーと共有していた思想(生と大地の思想)を離れ、永遠回帰の体験こそを自分の思想の本源として確認するために、1883年の夏はシルスに行ったのではないだろうか。そこで『ツァラトゥストラ』第二部を書くのだが、それは第三部の永遠回帰の思想を打ち出すための準備でもあり、整理でもあっただろう。
 それで飛行機を探していると、想定していたバーゼル行きのフライトの本数が少なく、そのため割高になってしまう。こうなるとチューリッヒ着・発で動いた方が割安だ。だがバーゼルは是非行っておきたいので、(そしてできればルツェルンも、そしてイタリアのコモ湖のあたりも)いったいどんな風に予定を組めばいいだろう。1882年の5月に、ニーチェはいったんバーゼルに戻って、それからルツェルンで(ルーたちと)再開している。ルツェルンはニーチェにとって、ワグナーと親密に過ごしたいわば彼のアルカディアだ。そうしてニーチェの土地との関係を掴んでゆきたい。ローマのポリベリエラ通りで、サンピエトロで、オルタのモンテサクロで、タウテンブルクで、ライプツィッヒで、そしてベルリンのグリューネヴァルトで、そうした土地に対するニーチェの感覚をわずかなりとも掴んできた。今年はシルス・マリーアで、そしてスイスの幾つかの場所で、掴んできたい。シルスとバーゼル、とりわけこの二か所。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《ヘルダーリンとシューマン》

2017/06/11 23:01
瀬谷こけし


画像



 ロベルト・シューマンの曲と同名の《早朝の歌》という曲の第一曲で、ハインツ・ホリガーはシューマンの《早朝の歌》(op.133)の第一曲にヘルダーリンの最晩年(1843年)の「春」の詩を重ねて歌わせ、ひとつの驚くべき音楽世界を作っている。シューマンのその曲はあたかも日の出の時の荘厳さを音楽にしたような曲だが、しかしその日の出のように見えるときはわずかに4小節しか続かず、それは明るい日中につづくことなく、すぐにもとの暗闇に戻ってゆくような趣きの曲なのだ。

 ホリガーの解釈では、その力強い荘厳な日の出の4小節は、ちょうど「Aus Höhen glänzt der Tag」の詩句と重なり、この重なりによって、その「高みから」(Aus Höhen)という異次元の、異世界から与えられる一瞬の特異性を強調し、異界からの輝きのないその後のその余の時間の暗さ、つらさを描いている音楽として、シューマンのこの曲の一貫した解釈を提供している。

 シューマンが晩年ヘルダーリンに惹かれていたことは知られているが、この最晩年の「春」の詩を、《早朝の歌》の解釈に導入したホリガーの鋭さにはまことに驚嘆させられる。
 ここに確かにヘルダーリンとシューマンを結びつけるひとつの碑が築かれている。


 以下、「春」詩の原典とその手塚富雄訳、そして拙訳を上げておく。私にとってはいまだ二か所、文法的な整合性が確認できていない箇所があるので、拙訳については試訳と理解しておいていただきたい。誤りなどご教示いただければ幸いです。


Der Frühling

Die Sonne kehrt zu neuen Freuden wieder,
Der Tag erscheint mit Strahlen, wie die Blüte,
Die Zierde der Natur erscheint sich dem Gemüte,
Als wie entstanden sind Gesang und Lieder.

Die neue Welt ist aus der Tale Grunde,
Und heiter ist des Frühlings Morgenstunde,
Aus Höhen glänzt der Tag, des Abends Leben
Ist der Betrachtung auch des innern Sinns gegeben.

Mit Untertänigkeit
d. 20 Jan. 1758. Scardanelli.

http://www.textlog.de/17887.html




(手塚富雄訳)

太陽は新しい喜びへ立ち帰り
日々は花のように かがやいて出現する、
自然のよそおいは心をたのしませ
あたかも歌声が起こったようだ。

新しい世界は谷々の深みから生まれ出、
春の朝は時ごとに晴れやかだ、
高みからは真昼はかがやく、夕べの生は
内なる思いのためにも与えられている。

                 敬白
1758年1月20日       スカルダネリ
(1843年に成立)



(拙訳・試訳)

太陽が再び戻ってきてうれしい、
日々には陽射しがともない、花咲くように見える、
自然の装(よそお)いは、ひとの心には、あたかも
歌や声が生まれて来たかのようにみえる。

新しい世界は谷々の底から生まれ、
春の朝の刻々はとりわけ晴れやかだ、
昼の日は高みから輝き、夕べの生にも
考察によって内的な意味が与えられる。




シューマン&ホリガー作品集
ユニバーサル ミュージック クラシック
2010-02-03
ホリガー(ハインツ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シューマン&ホリガー作品集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《日本歌人2017年7月号草稿》

2017/06/06 11:39
瀬谷こけし


画像
ザーレ川、2016年8月15日, at ナウムブルク



○ベルリンにゆく準備にも欠せないジョルジュ・ムスタキ〈異国の人〉

○世の民にニーチェといふは恐しき人昔アリストテレスは豚を黙らす

○Hirschentraum(ヒルシェントラウム)といふ菓子のあり鹿たちの夢ほぼ食べつくす

○啄木とともに遊びに来たかりしはむしろSaale(ザーレ)の川の川柳

○忘れよとNietzsche(ニーチェ・) Bank(バンク)は語り継ぐやさしい風のわたり来るゆゑ

○葉と葉と葉かさなるゆゑの密の絵か描きて森は涼をし賜ぶ

○ザーレ川裏葉を交わす川柳のいま幾たびの夏をたのしむ

○ワイマール何かわびしき地も店もひとさへ老いて夏祭りする



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《みどりに燃える飛騨の山々》

2017/06/05 20:22
瀬谷こけし


画像



 柳田国男が高山から荘川村まで飛騨の道を歩いたのは明治42年6月2日のことだった。彼が小鳥峠の小梨の花など飛騨の山々の姿を見て「初めて旅に酔う」と記したのがこの時だった。時期の違いは年によって若干の違いはあるだろうが、6月初旬の飛騨の山々はとても美しい。
 橋本繁蔵さんが亡くなって、葬儀に出かけたのもこの同じころだったはずだ。帰り道のせせらぎの道すぎの山々が繁蔵さんを祝福するかのようにとても美しかったことを思い出した。今年6月4日、あまり体調のすぐれぬままよんどころのない用事で高山に出かけ、この日にせせらぎ街道を通って帰った。時間はもう午後四時を回っていたが、傾きかけた陽の光の中に、飛騨の山々はとても美しかった。みどりが燃え立つように。
 こんな美しい緑を見たら、もう一年分の美は十分に味わったことになるだろう。
 飛騨の山のみどりの美しさを味わうなら6月のこのころだ。みどりの強さがしっかりしはじめてくる頃。そのごく短い間を逃すと、緑が強くなって、人が気圧されるようになる。
 飛騨の山々のみどりにも、とりわけ美しい時期がある。柳田もきっとこの美しさに触れたのだ。


画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《三上山》

2017/06/05 14:03
瀬谷こけし


画像

画像




 高山からの帰路、高速を竜王で降りると三上山のシルエットがちょうど美しい時刻だった。
 以前飛騨の猟師の橋本繁蔵さんに特別講義をお願いしたとき、帰路は私が車を運転して高山までお連れした。その時通りかかった三上山の美しさに感心されて、この山の写真をくれと言われた。それで、その後写真を撮りに三上山の麓まで出かけたのだが、そこで撮った写真が、せっかくフジの6×9で撮ったのにカラーバランスがあまりよくなくて、いつまでもお渡しするような写真ができないでいるうちに、繁蔵さんが亡くなってしまわれた。
 昨日は久しぶりに竜王から降りてちょうど美しい三上山に出会えた。車を細道に止めて何枚か写真を撮った。
 この二枚を繁蔵さんに献じよう。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年6月のブログ記事  >> 

トップへ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ 2017年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる