「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 《アルキュオーネの清明の天》

<<   作成日時 : 2018/05/10 03:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

瀬谷こけし

わたしの近詠:

> 翡翠のアルキュオーネの時節とてニースの町の清明の天(そら)

 冬の南仏ニース。ここでニーチェは『ツァラトゥストラ』第三部を書いた。翡翠(アルキュオーネ)が子を孵す冬至のころのこの地の透明な空と光からニーチェがどれほどの恩恵を受けたか、と思う。痛々しいほどに透き通った光。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

特集

《アルキュオーネの清明の天》 「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる