アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「仏教」のブログ記事

みんなの「仏教」ブログ


《ドイツ語の授業 ヘルマン・ヘッセ 三回目》

2017/04/27 00:59
瀬谷こけし

今日は同志社のドイツ語の授業、今年度三回目。「応用」の方の授業は、早速二回目の読解になった。テキストとして読んでいるヘルマン・ヘッセの「樹々」というエッセーに次のような言葉があった。

>Wer mit ihnen(=Bäumen) zu sprechen, wer ihnen zuzuhören weiß, der erfährt die Wahrheit.

「樹々と語り合うことのできるひと、樹々の語りに耳を傾けることのできるひと、そういうひとはほんとうのことを学び知ることができるのだ」
とういぐらいに訳せるだろうか。樹々は「生きることの根本的な掟」(das Urgesetz des Lebens)を説いてくれるのだとヘッセは言う。

 わたしも数年前に、樹々ではなく空き地の雑草たちだが、三年間通い続けて、彼らからそんなこと、「生きることの根本的な掟」を学び取らせてもらったことがある、と感じている。そうして一度写真の個展を開き、そして『むろのつ』21号に、「地域学のすすめ---草木虫魚悉皆成仏」を書かせてもらったのだった。

 「生の根本法則」、それは仏教的に表現すれば無明ということではないのか? おのおのの生がおのれの内には神があって、(その神の与える)おのれの課題は神聖だと信じること、このことこそ無明なのではないか? ここでヘッセは「神」を無冠詞で使っている、とはいえ(*)。文脈を考えればこの「神」は、「わたしの神」(mein Gott)と呼ぶべきものなのだ。「わたしの神を信じるエゴイズム」これこそ無明な生そのものなのだ。

 仏教は、無明の自覚こそ、覚醒への第一歩だと言い、そしてまたヘッセも、その方向に思考を進めてゆくのではあろうが。


 ともあれここでヘッセはそれを真実(die Wahrheit)と呼んでいる。樹々にも人にも共通する生の無明という根本法則を。





注*
そこのところの原文を紹介しておく。
>Ich vertraue, daß Gott in mir ist. Ich vertraue, meine Aufgabe heilich ist. Aus diesem Vertrauen lebe ich.
(Hermann Hesse, Bäume, Insel Taschenbuch 455, S. 11)




Baeume: Betrachtungen und Gedichte
Insel Verlag Gmbh
Hermann Hesse

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Baeume: Betrachtungen und Gedichte の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


宮沢賢治と常在不滅の我

2008/08/26 22:33
瀬谷こけし
「如来寿量品」において、我(われ)は秘密を語る。


今からする語りを信ぜよ(如来の誠諦の語を信解すべきし)と語り、
そこに集まった者たちに、それを説いて下さい、われらはそれを信じます(唯願はくば之を説きたまへ。我等當に、佛の語を信受したてまつるべし)と請われて、
その秘密は語られる。

その秘密をひとことで言えば、
我は、常在にして不滅だ(我成佛してより已来、……常在にして滅せず)、ということだ。

宮沢賢治はこの言葉を心の中心に持っている。それはつまり、
この「我は常在なり」と語る者に対して、常に語りかけ、対話をし、問答をしているということである。

賢治はこの如来の誠諦を信受しているのである。
この点を見失うと賢治の思想の真意は理解できないだろう。

何度目か島地大等の訓読を読んで、今日ははじめてその思想の緊密に驚嘆した。グレン・グールドの最も孤独な解釈に聞き入るように。賢治の体験もこのようなものだっただろう。
最も感動的だったところは、ここだ。
>我(われ)成佛してより已来(このかた)……、是より来(このかた)我常に此の娑婆世界に在りて、説法教化す。
この一句だ。

そういう我(われ)が在る。
これが秘密だ。秘密の中の秘密だ。



*島地大等の『漢和対照妙法蓮華経』は下の『天台宗聖典』に収められています。
島地訓の『法華経』は稀代の名訳だと思います。
きわめて緊密な思考のリズムがあり、流れがあり、整合性があり、喜びがあります。
宮沢賢治を知るためにも必読です。


天台宗聖典 (1927年)
明治書院

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


禅の思想は

2007/07/18 02:10
瀬谷こけし
私の理解では禅は神性や仏性や霊性などというものについてきわめてきびしいのです。
そんなものあるわけがないという思想を徹底させているのです。『臨済録』のきびしい言葉はそうした饒舌をまったく寄せつけないものです。
そのような禅の思想が、わが国の思想と言葉をどれだけ清潔・潔癖なものにしたか。素晴らしいものです。
わたしはそう思います。

ペルセポリス(高速度ゼミナール) 「美学・美術史2」 53
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪舟の《慧可断臂図》10 要旨再説2 苦・痛は交換財となりうるか?

2007/05/08 00:17
瀬谷こけし
断臂の苦・痛が、雪舟の慧可断臂図の中で、更には禅仏教の中で、どういう意味をもっているのか?
苦痛が交換財となりうるのか?
雪舟の達磨は何に驚いたのか?

『景徳伝燈録』で達磨は、「小徳小智軽心慢心で」仏法を願っても無駄だぞ、と慧可(神光)にバカにしたように言う。
それで慧可は一気に腕を切るのだが。

雪舟の画では、断臂は慧可にとっては不明なところのない行為のようだ。
小知や慢心で法を願っているわけではない、と達磨の揶揄に対する明確な反論だ。
そして達磨は確かに驚いている。

『伝燈録』では、この驚きが読み取れない。「師、是れ法器なりと知り、乃ち曰く……」だ。
その言った内容は、前にも紹介したと思うが「諸仏、最初に道を求むるに、法の為に形を忘る」だ。
法のためにはみんな無茶をしてきたんだ。それで諸仏になれたんだ、法を得ることができたんだ、ということだ。
ここには達観はあっても驚きはない。わたしにはそこがなんとなく胡散臭いのだ。

だが雪舟(の達磨)はそこをはっきりと驚いている。本気で驚いている。
そして、己の本来のものへ一気に迅速に向かっている。
慧可がどう考えたにしろ、達磨は、これに見合うものを示して見せろ、と迫られたと感じ、それに応答した。そう雪舟は解釈している。
達磨の中ではここに一瞬「交換の論理」が働いている。あくまで一瞬であり、切っ掛けだけだが。
しかし雪舟の達磨にとって、それは無しには済ませられない。

慧可は、苦痛を財にして「交換」を迫ったわけではないだろう。
だが、おそらくはこの(腕を切ることによって)自分から出した問いに達磨が答えられなければ、達磨の説く禅を見捨てたことだろう。そしておそらくはもっと優れた仏教を創始しただろう。
これは等価交換の論理ではなく、師質をめぐる尋問であり対決だ。慧可は達磨をいささか疑っていた。
それを試す最終的な形として腕を切った。
これがわたしが読み取る雪舟の慧可断臂図の思想だ。
『伝燈録』の筆は軟弱だ。『碧巖録』は敬遠してる。臨済は、もし雪舟の画を見たら、非常に正確にそれを理解し、そして虚を衝かれたと感じたことだろう。達磨が疑われた。ほんとうの悟りがあるのかどうかを疑われた。
これは破天荒な出来事だ。だが臨済なら理解したことだろう。

一休宗純は他愛のないことを言っている。固山一鞏も同じくだ。そしてどうやらゴッタンフネイも洞察のないことをいっているようだ。

雪舟は飛び抜けている。慧可断臂の出来事が、おそらく禅宗の語録史を見渡しても、初めて〈生きた出来事〉として読み取られたのだと思う。
おそらくそれをはじめに記した「伝燈録」の類の洞察のない記述のせいで、この出来事は然るべき人(たとえば臨済)からも無視されて来た。
わたしにはそう見える。


京都自由大学院掲示板 「美学・美術史」 122,123,124 2007.5.6 をリライトしました。




臨済録
日本感性史叙説
創言社
中路 正恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本感性史叙説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


雪舟の《慧可断臂図》9 「面壁九年」? --- 星川晋也氏の記述をめぐって

2007/05/03 06:33
瀬谷こけし
『禅林画賛』(毎日新聞社)のなかで、星山晋也氏は、『景徳伝燈録』巻三によれば、として、
「……少林寺に滞在して面壁九年の座禅行に入った。〔中略*〕その後達磨は二祖慧可に法を伝え」
と記している(p.92)。
それに対する私の疑問は次のようなものだ。
疑問1.『伝燈録』に「面壁九年の座禅行に入った」と読める記述があるのか?
疑問2.「その後……法を伝え」た、というような時間の前後関係が、『伝燈録』から読めるのか?
読めるというのならどのような解釈によってなのか?
このことを尋ねてみたい。

疑問1.について。
『伝燈録』は、達磨が少林寺に寓止して「面壁して座す。終日黙然たり。人、之を測ること莫く、これを壁観婆羅門と謂へり」と記す。
星川氏が達磨が「面壁九年の座禅行に入った」と書くのは、この「測る」を時間的長さと解釈して、それを九年と(勝手に)読み込んでしまうことによるのではないか?
普通に『伝燈録』を読めば「九年」は、座禅行ではなく、達磨の少林寺滞在年数のはずだ。

疑問2.について。
「その後達磨は二祖慧可に法を伝え」ということは、その「九年」の少林寺滞在の最終年に慧可に法を伝えた、という意味なら『伝燈録』に確かにそう書いてある。だが、星川氏の文章では「その後」が「座禅行の後」と読める。そうなると「座禅行」が何を意味するのかはっきりしない。「九年間」達磨は坐ってばかりいたというわけではないのだから。
「九年」の間には孝明帝とのやりとりもある。また伝法の前には弟子たちのテストもする。そしてそのずっと前、達磨が少林寺に来て間もないころに、「慧可断臂」の事件があり、慧可との目を覚まさせるやりとりがあった。
(『伝燈録』からは、達磨が少林寺に寓止を始めたのは洛陽に着いた十一月二十三日、もしくはそれからほどなくのことと考えられ、また慧可が断臂をして法を求めたのは「其の年の十二月九日」のことと記されているので同年のことと考えるべきだろう。「慧可断臂」は達磨が少林寺に入って二週間ほどの出来事なのだ。)

著述には字数の制限もある記述だろうから、省略、飛躍は仕方ないにしても、「面壁九年」は解きほぐしてほしい。そして「慧可断臂」にも触れてほしい。

     ◇

ところで、「面壁九年」という言い方は、『碧巖録』第一則「評唱」の
「直過少林。接得二祖。」(直に少林に過って、面壁九年、二祖を接し得たり)
が初出か? 星川氏は、その『碧巖録』の権威にたよって、上で示したような、端折った言い方(というより中抜けした言い方)をしてしまったようにみえる。

だが『碧巖録』第一則(「評唱」)には『伝燈録』よりはるかに少ない情報しかなく、実際は『伝燈録』の情報に依存して書いていると思われる(「拠傳中所載」はその意味か?)。それでいて禅坊主風にものの分かったような言い方をしている。
そして二祖(慧可)をほぼ無視している。
(もっとも「自然見得。無計較情塵。一刀裁断。灑灑落落」などは慧可断臂の本質的な何かを突いているだろうが。)
第二十則を見れば達磨をも無視してると言えるだろう。『碧巖録』は「祖師西来意無し」と言い切るのを楽しんでいるようにみえるのである。
くそ坊主たちはこのカッコイイ言い方を真似るだろう。

だが学者が真似をしたらいけない。『碧巖録』をほんとの禅だと考えたらいけない。その解釈が正統だと考えてはいけない。

『伝燈録』によればと言いながら『碧巖録』による切り取りを採用してしまうのは、「軽率」ですむことではないだろう。

     ◇

ふり返って思うのだが、星川氏の説は曽我墨渓の一休宗純賛「達磨図」についての解説である。その中の達磨の行蹟の概説であってみれば、私の上のような言は多分に言いすぎであった。過言については寛恕をお願いしたい。



* の略したところには、以下の文章がある。「一休の賛詩はこの間のことを、『東土西天徒らに神を奔す』『少林中に坐して何事をか成す』と冷やかしている。禅宗独特の表現であるが、一休の反骨的詩風でもある」。中略が以上のものなので、「その後達磨は二祖慧可に」は「面壁九年の座禅行に入った」に意味の上で直続し、「その後」の「その」は「面壁九年の座禅行に入った」を受けると読むしかない。しかしそうなると慧可の「断臂」のこと、「安心」のことは、「面壁の座禅行」に属すると考えれらているのか「二祖慧可への伝法」に属すると考えられているのか、よく分からないことになる。「断臂」も「安心」も、達磨の行蹟として決して些細な事柄とは思えないので、今後機会があれば星川氏にそのことを明確にした説明をお聞きしたい。


京都自由大学院掲示板 「美学・美術史」 84, 107, 111 2007.5.1/2 を合わせてリライトしました。




禅林画賛―中世水墨画を読む

日本感性史叙説
創言社
中路 正恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本感性史叙説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


雪舟の《慧可断臂図》8 平塚景堂氏の説

2007/04/29 05:43
瀬谷こけし
>この絵のシーンは単なる求道の厳しさを表すシーンではない。達磨と慧可という二人の人物の「人種」が違うのである。インド人と中国人である。じつは、ここに「慧可断臂図」の隠されたもう一つのテーマを、わたしは見るのである。仏教の本場、インドから中国へと禅仏法が伝わる瞬間こそ、雪舟は描きたかった。
http://www.zenbunka.or.jp/03_magazine/zenbunka/hiratuka/183.htm
平塚景堂氏のこの説は魅力的だ。

魅力的で、新しい観点だ。けれどわたしはそれに賛成しない。
雪舟が自分を慧可の側に置いていたとは思えない。
むしろ達磨、慧可の両方を見ていたというべきだろう。
だが描こうとしたのはとりわけ達磨の方だ。
わたしは画上からそう読み取る。

何よりも、平塚氏は画上の達磨の表情を読解していない、慧可の表情だって読解していない。
画題を論じているだけだ。
それが物足りない。

京都自由大学院掲示板 「美学・美術史」78,79 2007.4.27/29 をリライトしました。






人間の美術〈7〉バサラと幽幻―室町時代
日本感性史叙説
創言社
中路 正恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本感性史叙説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


『景徳伝燈録』より達磨の偈

2007/04/25 21:13
瀬谷こけし
吾本來茲土
傳法救迷情
一花開五葉
結果自然成
(『景徳伝燈録』より達磨の偈)

私訓:
吾れは本この土に来たり
法を伝え迷情を救う
一花は五葉を開き
果を結ぶことおのずから然(しか)成る

私注:
・伝法をおえ、仕事の結果を見た達磨の安らかな気持ちが表現されている。
また、 土→花→葉→果と 
伝法のことが土からのつながりとして記されていることにも注目したい。果は土から生じる。
・しかし、「茲土」と言われる時、それは先に「彼土何祥」と言われていたことを受け、
「震旦」、すなわち中国のことを指しているだろう。とすればここは「吾は本この土に来たり」
と訓むのが正しいと思われる。





(出典:『景徳傳燈録』、東呉・釋道原著、1984、中文出版社) 

国訳一切経 (和漢撰述部 史伝部 14)
日本感性史叙説
創言社
中路 正恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本感性史叙説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪舟の《慧可断臂図》6 慧可の表情 痛覚と無上妙道 --- 質問に答えて

2007/04/16 07:56
瀬谷こけし
雪舟の《慧可断臂図》について「京都自由大学院掲示板 美学や美術史もちょっと齧ってみよう」で次のような質問をいただきました。

>この絵には鋭い痛覚はあると思うのですが、苦痛や恐怖はあるのでしょうか。(34)

それに対するわたしの答えは次のものです。

>慧可も鋭い眼をしていますね。鼻根の皺に痛覚は表われていると思いますが、
>目はそれを越えている。痛みに堪えているわけでもない。
>まっすぐに禅の本領を向いている。(37)

修正すべきところがないので、ここでこのまま公開します。
サブタイトルの「無上妙道」は、回答において「禅の本領」と語った事を、『景徳伝燈録』の言葉に従って言い直したものです。
(質問に感謝しつつ)


(本稿は「京都自由大学院掲示板 「美学・美術史」 34,37」 2007.4.10 に掲載されたものです)





日本感性史叙説
創言社
中路 正恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本感性史叙説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪舟の《慧可断臂図》5 慧可は腕を何で断ち切ったのか? --- 質問に答えて

2007/04/14 22:08
瀬谷こけし
雪舟の腕の描き方は手首から十二三センチのところを一刀両断に断ち切っています。
これはもしナタのようなもので断ち切ったとすればありうる切り方です。
『伝燈録』は「利刀」と言っているだけです。
小刀ではなくナタだったかもしれません。
僧坊で実用されるものとしてはありうることです。
小刀であればむしろ関節をくじるようにしなければ切断できないでしょうから、
雪舟が「ナタ」のようなものと解釈して描いているのは、リアリティーにかなっています。
雪舟はそういう解釈を選択しています。

>そもそもこの事件は本当にあったのですか?

と言われますが、わたしはそれを確定する方法を知りません。
歴史学者であればそれを確定する方法についてもう少し具体的に語れると思います。
仏教の歴史の中でみれば凄まじい苦行についての語りには事欠きません。
史実として確定できる近世のもので言っても、鉄門海上人の行蹟は凄まじいものに思えます。
ですが私にとっては、慧可の断臂が史実であったかどうかはどうでもよいことです。
問題は雪舟の「慧可断臂図」(の達磨の顔)に達磨の本領への凄まじい疾駆が読み取れることです。
この画のそういう読み取りをしているのは私だけかもしれませんが、私にはそれで十分です。
慧可断臂が史実であることを必要とするのならば、雪舟はその画において失敗していることになるとわたしは思います。
まさにこの画に肘を切り落としてみずからの疑念をぶつけた慧可が存在しており、それにまっ正面から応えた達磨が生きています。
その類の史実ならいくらでもあるでしょう。仏教徒にとってはそれを「精神上の事実」として受け止めるだけで十分です。
(質問に感謝しつつ)

(本稿は「京都自由大学院掲示板 「美学・美術史」 35」 2007.4.10 に掲載されたものです)



日本感性史叙説
創言社
中路 正恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本感性史叙説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪舟の《慧可断臂図》3 師資相伝 ---『景徳伝燈録』と雪舟 ---

2007/04/14 00:44
瀬谷こけし
『景徳伝燈録』に慧可に生じた換骨の話が載っています。あるとき寂黙中に神人を見たのです。
それから「換骨」として頭頂の骨が五峰のようにぼこぼこ突き出たそうです。少林寺の達磨のもとに行く前のことです。
慧可が自分の左臂を切ったのは、昔の人の求道の厳しさに倣ったのだと『伝燈録』は記しています。
その中には例のサッタ太子の捨身飼虎の伝もあったように述べます。ただ達磨に言ったのは
「ただ和尚の慈悲をねがうばかりです」
云々の弱気な言葉です。
それに対して達磨は、諸仏の無上妙道は何劫にもわたり難行を行なって達したものだ。徒に苦を勤めたりするな、と言ったそうです(ここのところのわたしの漢文読解、不確かなところが有ります)。
すると慧可は刀を取り出して自分の左臂を切り、師の前に置くのです。すると達磨は「知是法器」と言います。仏法を継ぐ器だと認めたということでしょうか。「諸仏最初求道為法忘形」とも言われています。形を忘れて法をなすということでしょうか。慧可の断臂の行為をそういう何も考えないで行なった法のままの行為だ、と認めるのでしょう。そうして神光に慧可という名を与えます。
『伝燈録』が語るのはだいたいこういう話です。
ですがこの語りは、言わせてもらえば、まったく面白くない。本当のダイナミズムがないのです。
慧可の行為に何一つわれをかえりみない達磨とはいったい何者でしょう? 雪舟は『伝燈録』が語るこういう(つまらない)話に、ほんとうの生命を与えているのです。師資相伝の真実を。

(本稿は「京都自由大学院掲示板 「美学・美術史」 10」 2007.4.7に掲載したものです)



日本感性史叙説
創言社
中路 正恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本感性史叙説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
ポエジー 雪舟の《慧可断臂図》
ポエジー 雪舟の《慧可断臂図》 ポエジー 雪舟の《慧可断臂図》 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 00:31

トップへ | みんなの「仏教」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ 仏教のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる