アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ヘッセ」のブログ記事

みんなの「ヘッセ」ブログ


《ドイツ語の授業 ヘルマン・ヘッセ 三回目》

2017/04/27 00:59
瀬谷こけし

今日は同志社のドイツ語の授業、今年度三回目。「応用」の方の授業は、早速二回目の読解になった。テキストとして読んでいるヘルマン・ヘッセの「樹々」というエッセーに次のような言葉があった。

>Wer mit ihnen(=Bäumen) zu sprechen, wer ihnen zuzuhören weiß, der erfährt die Wahrheit.

「樹々と語り合うことのできるひと、樹々の語りに耳を傾けることのできるひと、そういうひとはほんとうのことを学び知ることができるのだ」
とういぐらいに訳せるだろうか。樹々は「生きることの根本的な掟」(das Urgesetz des Lebens)を説いてくれるのだとヘッセは言う。

 わたしも数年前に、樹々ではなく空き地の雑草たちだが、三年間通い続けて、彼らからそんなこと、「生きることの根本的な掟」を学び取らせてもらったことがある、と感じている。そうして一度写真の個展を開き、そして『むろのつ』21号に、「地域学のすすめ---草木虫魚悉皆成仏」を書かせてもらったのだった。

 「生の根本法則」、それは仏教的に表現すれば無明ということではないのか? おのおのの生がおのれの内には神があって、(その神の与える)おのれの課題は神聖だと信じること、このことこそ無明なのではないか? ここでヘッセは「神」を無冠詞で使っている、とはいえ(*)。文脈を考えればこの「神」は、「わたしの神」(mein Gott)と呼ぶべきものなのだ。「わたしの神を信じるエゴイズム」これこそ無明な生そのものなのだ。

 仏教は、無明の自覚こそ、覚醒への第一歩だと言い、そしてまたヘッセも、その方向に思考を進めてゆくのではあろうが。


 ともあれここでヘッセはそれを真実(die Wahrheit)と呼んでいる。樹々にも人にも共通する生の無明という根本法則を。





注*
そこのところの原文を紹介しておく。
>Ich vertraue, daß Gott in mir ist. Ich vertraue, meine Aufgabe heilich ist. Aus diesem Vertrauen lebe ich.
(Hermann Hesse, Bäume, Insel Taschenbuch 455, S. 11)




Baeume: Betrachtungen und Gedichte
Insel Verlag Gmbh
Hermann Hesse

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Baeume: Betrachtungen und Gedichte の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


《「ドイツ語応用」》

2017/04/13 02:34
瀬谷こけし

画像
吉島家(高山市)の楢の木


 今年は「ドイツ語応用」の授業を担当させてもらえてどんな学生が受講してくれるかと期待していたのだが、受講の動機を書いてもらうと、「時間の都合で取りやすい」とか「卒業単位に必要なので」とか書いてくる学生が多く、少し気落ちしていた。ヘルマン・ヘッセの『樹木』というエッセーと詩をまとめたものを教材に使う読解中心の授業にしたのだが。それでも受講動機を読んでいると、「読解重点の講義を受けたかった」とか「ドイツ文学を読むことで文学自体の理解を深めたい」とか、「ドイツ文学に興味があって」などと言ってくれる学生もあって、気を取り直している。ほんとはゲーテを読ませてみようと思って教材を探していたのだが、そもそも文学を読ませる教材が最近はほとんどなく、ゲーテですらほぼゼロなのだ。結局、前から時々使っているヘッセのものをまた使うことにしたが、ドイツ文学、ドイツ思想について包括的な視野を得るためには、それはゲーテの方がよく、ゲーテこそが最良ではないかと思う。エッカーマンの『ゲーテとの対話』からいくつかを選んだものがあればそれにしたいと思っていたが。
 ともあれ、この授業に取り組んでくれる学生がいてくれたことをありがたいと思ってやってゆきたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《ヘッセの詩:「眠りにつこうとして」》(Beim Schlafengehen)

2014/07/26 10:42
瀬谷こけし
画像

Beim Schlafengehen
Hermann Hesse



Nun der Tag mich müd gemacht,
Soll mein sehnliches Verlangen
Freundlich die gestirnte Nacht
Wie ein müdes Kind empfangen.

Hände laßt von allem Tun,
Stirn vergiß du alles Denken,
Alle meine Sinne nun
Wollen sich in Schlummer senken.

Und die Seele unbewacht
Will in freien Flügen schweben,
Um im Zauberkreis der Nacht
Tief und tausendfach zu leben.



眠りにつこうとして
ヘルマン・ヘッセ
(拙訳)



昼のいとなみにわたしは疲れてしまった、そして
わたしの欲求は、切実に、疲れた子供のように
星々のまたたく夜を
親しく迎え入れる。

手よ、すべての行為をやめよ、
額よ、お前のすべての思考を忘れよ、
わたしのすべての感覚はいまやみずから
まどろみのなかに落ちてゆこうとする。

そして魂は、監視から解き放たれて
自由な飛行のなかを果てなく漂いたいとのぞむ、
夜の魔界のなかで
千代に、深く生命を生きるために。
(2014.07.26/28)


 試みに訳してみました。一番の特徴は「tausendfach」を「千代に」と訳した所ではないかと思います。まだまだいじれる所はあると思います。きっとまだいじると思います。ニーチェとヘルダーリンの角度から訳したことになると思います。ヘッセはニーチェの「永遠回帰の体験」を「夜の魔界」(Zauberkreis der Nacht)の中に閉じ込めようとしたのでしょうか。またここにヘルダーリンの生きた、「詩人の使命」は見えていると言うべきなのでしょうか。
 一応、尾崎喜八、高橋健二、島途健一の諸氏の訳を参考にさせてもらっています。

=== 補注 (2014.9.3)======
 西野茂雄のこの詩の第一聯の訳は「Nacht」を「soll」の主語とし、「Verlangen」を(そして「Kind」も)「empfangen」の目的語とする新鮮でかつ一貫した解釈を示しているが、「soll」の隠れた意志主体を考えても、また第二聯との関連でみてもここは自我の主観的欲求に自然に乗った語りをしているところに見える。従って私は西野説を採らない、(『シュワルツコップ/R.シュトラウス歌曲集』(cc33-3324)参照)。



R.シュトラウス:死と変容/4つの最後の歌
ユニバーサル ミュージック クラシック
2009-10-21
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 カラヤン(ヘルベルト・フォン)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by R.シュトラウス:死と変容/4つの最後の歌 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


《何かおいしいものを》

2014/07/25 23:52
瀬谷こけし
 今日同志社の春学期の期末の試験をして、これで前期の授業は終り。ドイツ語応用2、3の授業はこれで終わりになるので、授業でその学生たちと会うのも今日が最後だ。毎回疲れたが、今日の試験の学生のできは素晴らしかった。応用2ではヘッセの"Beim Schlafengehen"を訳せという課題を出したが、かなりの数の学生がもう一歩というところまでできている。構文がそう難しいわけではないが、ヘッセの詩の中でも非常に深い思想を語っているこの詩の、本質的なところまで理解を届かせている学士が少なくなかった。たった一年半の勉強でこんな所まで、という驚きが隠せなかった。同志社は学生が自分で伸ばして行きたいと思っていることを伸ばして行ける環境を用意している素晴らしい大学だという印象をもった。もうほんの一歩、押さえるべき連関を教えて行けば、自力できちんとした理解と詩の翻訳ができるようになる。もうほんの一歩。最後のところでは、自分のもつ言葉の力、国語力こそが問題になるが、もう少しでそういうところに行ける、ということだ。
 課題にどの詩を選ぶか、このことのためにこの一週間を費やしたと言っても過言ではない。ヘッセの詩は、それぞれ魅力はあるものの、弱いという印象がしていた。だからヘルダーリンにしようと考えていたが、授業で読んでいたものが主にヘッセの詩や随筆だったので、できれば同じ作者のものと考えていて、結局この「眠りにつこうとして」に行き着いた。最後の詩聯は死に面した、夜の魔境の恐るべき豊かさに参入している。
 この学生たちの深みに、そして将来を、期待したい。

 それで疲れて、満ち足りて、今日ぐらいは何か美味しいものを食べたいと思った。それで思い付いたのが、「とようけ屋」のにがり豆腐。---それで「マイケル」に行ったが、にがり豆腐は一つも残っていなかった。それであたりを探してまわったが……。
 結局、食べてみようかなと思ったのが、出し巻き玉子。普段めったに買うこともないものだが。
 夕食に食べてみると、そう驚くようなものではなかった。それよりは、夕食に自分で作ったしぎやき茄子の方が美味しかった。これは相当に美味しい。京都産の茄子の素材の美味しさもあるが、作り方にも、出し汁や八丁味噌の他に、ここ二回ほど試みている秘密がある。これが驚くほど成功している。「秘密」と言っても、なーんだと言われるような簡単なことだが。だから秘密にしておく。

(2014.7.23のfacebook掲載記事の若干修正した再録)



補足:
ヘッセの詩「眠りにつこうとして」

Beim Schlafengehen
(Hermann Hesse)

Nun der Tag mich müd gemacht,
Soll mein sehnliches Verlangen
Freundlich die gestirnte Nacht
Wie ein müdes Kind empfangen.

Hände laßt von allem Tun,
Stirn vergiß du alles Denken,
Alle meine Sinne nun
Wollen sich in Schlummer senken.

Und die Seele unbewacht
Will in freien Flügen schweben,
Um im Zauberkreis der Nacht
Tief und tausendfach zu leben.


できれば近々この詩の翻訳を試みたい。この詩は、ヘッセがヘルダーリンのものと考えていた「夜の詩想」に非常に近づいているように見える。わたしは、「生の全体性」というヘルダーリン的な考えが、ルー・ザロメの思想的確信となぜかくも似ているかという問題に強く関心を惹かれている。「Zauberkreis der Nacht」を語り、その中で深く生きたいと語れたことが、ヘッセのこの詩の最も大きな生命であろう。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


《ヘルマン・ヘッセの「春」》

2014/05/01 21:57
瀬谷こけし

さわやかな風に会ふべき五月晴れ (拙句)

画像


画像


画像


 こういう詩を読むと、ヘルマン・ヘッセの言う「春」とは五月ぐらいのことなのかと思う。日本でいえば奥飛騨とか、寒く、春のおそいところの。
 花よりも、彼は明るい若葉に魅せられていたのではないだろうか?
 ちょっと訳してみた。



Frühling

Hermann Hesse
1899


In dämmrigen Grüften
Träumte ich lang
Von deinen Bäumen und blauen Lüften,
Von deinem Duft und Vogelgesang.

Nun liegst du erschlossen
In Gleiß und Zier
Von Licht übergossen
Wie ein Wunder vor mir.

Du kennst mich wieder,
Du lockest mich zart
Es zittert durch all meine Glieder
Deine selige Gegenwart.





ヘルマン・ヘッセ
(拙訳)



薄暗い墓穴の中で
わたしは長いこと夢見ていた
おまえの木々と青い空を
おまえのかぐわしい香りと鳥の歌声を。

いまやおまえは、わたしのまえに
いっぱいに光をあびて
ちらちらと輝きながら
ひとつの奇跡のように、うち開かれて現れる。

おまえはわたしと再び知り合う
おまえはやわらかくわたしを惹きつける
わたしは全身でうち震える
おまえが訪れていまここにあることの浄福に。


====追加(2014.5.1)==============
注:
詩の中の「おまえ」とは「春」のこと。特に擬人的なわけではない。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Ur-Ich 今日の授業から

2012/10/24 23:47
瀬谷こけし
 ヘルマン・ヘッセの「樹」(Bäume)という文章。

>  Bäume sind Heilichtümer. Wer mit ihnen zu sprechen, wer ihnen zuzuhören weiß, der erfährt die Wahrheit. Sie predigen nicht Lehren und Rezepte, sie predigen, um das Einzelne unbekünmmert, das Urgesetz des Lebens.
> Ein Baum spricht: In mir ist ein Kern, ein Funke, ein Gedanke verborgen, ich bin Leben vom ewigen Leben. 


 この<<In mir ist ein Kern, ein Funke, ein Gedanke verborgen, ich bin Leben vom ewigen Leben.>>の<<ein Kern, ein Funke, ein Gedanke>> を一語で言い換えられないか?
 こういう問のわたしの答えは、それは「Ur-Ich」と言うべきものだ、というものだ。曖昧な物言いを好む人は「それはDNAだ」と言いたがるだろうか。

 それを説明すべきだと思うが、今は時間がない。また上掲の文章を日本語訳したらよいのだが、その時間も今はない。そこで、ともあれ答えだけをかいておく。説明や日本語訳はまた後日提供したい。

=============

 上掲引用の後半の文。

> Ein Baum spricht: In mir ist ein Kern, ein Funke, ein Gedanke verborgen, ich bin Leben vom ewigen Leben. 

 (一本の樹は語る: 私の中には一つの核、一つの火花、一つの思想が隠れている、私は永遠の生をわかちもつ生だ)

 この「一つの核、一つの火花、一つの思想」は、一つのことを指しているが、その一つのことを、どのように説明したらよいか、という問いを学生に出したのだ。
 「原−私」、それが私の答えだ。この隠れた「原−私」(Ur-Ich)として私の中に有るものが、私になろうとする過程を(として戦い行くことを)生とヘッセは考えているのだ。この生の基本的なありかたは、一本の樹木も、一人の人間も、ひとりの私も変わらない。その内に、天与の「原−私」は、ひとつ存在している、というのだ。それは「私の種」と言ったら、もっと分かりやすいかもしれないが。
 無冠詞や不定冠詞をきちんと読み切ると、ヘッセの文章は非常に面白い。そこを曖昧にすれば、曖昧な主張しか見えて来ないだろう。


 


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今日同志社で出した問題 ヘッセの「神の死」

2011/01/26 23:53
瀬谷こけし
 今日同志社で試験に出した問題(「ドイツ語応用」)。ヘルマン・ヘッセの「Im Leide」という詩。特に難しいことはないものだが、受験者全員よくできていた。問題はむしろヘッセの思想の方だ。詩の最後の聯でヘッセは「--- Ach, Gott ist tot!」と言う。だがその後「Und ich soll leben?」だ。
 このヘッセの言い方は女々しくないか? 彼にとって「神が死んでいる」とは何を意味しているのか? 苦痛や苦悩に意味がないことか? 自然にも人生にも、神がその何らかの意志によって与えてくれるような意味がないということ。だいたいそのように理解できる詩だ。
 しかし、その最後の詩行が「Und ich soll leben?」なのだ。はじめ「しかも私は生きなければならない」と言っておいて、そのあとで「だろうか?」を付けるというやり方だ。

 いっそはじめから「Und soll ich noch leben?」(わたしはなおも生きねばならないのだろうか?)とでも言っていてくれたら、神を失った(=見出せなくなった)痛みが分かるというところなのだが。そうではなく、生きなければならないことを前提した議論なのだ。
 そして最後に「疑問符」をつけて見せる。

 苦痛や苦悩に意味が存在しないこと、---それはニーチェが見出したことと異ならない。しかしヘッセはそれに対して曖昧な態度を取りつづけているのだ。何とも女々しい。それがわたしの印象だ。


詩を紹介しておく。


Im Leide
(Hermann Hesse)

Daß bei jedem Föhn
Vom Berg die Lawine rollt
Mit Sausen und Todesgetön ---
Hat das Gott gewollt?

Daß ich ohne Gruß
Durch der Menschen Land
Fremd wandern muß,
Kommt das von Gottes Hand?

Sieht Er in Herzensnot
Und Qual mich schweben?
--- Ach, Gott ist tot!
Und ich soll leben?







記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


秋の一日 樹の語ることに耳を傾ける

2010/11/18 14:49
瀬谷こけし
そもそものはじまりは、10月27日に来週11月3日は授業があるのか? という話になったことだ。それでその話の流れの中で「どこかに樹を見に行きたい」という学生の希望が出てきた。それでこの辺で樹を見に行くなら、十津川村の玉置山神社の杉の樹が一番ではないか、と私が言ったところ、休みは休みたいから授業時間内で行けるところどこか、ということになった。教室での授業では、「樹」についてのヘルマン・ヘッセの洞察も今一歩生きて来ない。ここはヘッセの勧めに従って、「樹に耳を傾ける」ことをやるに如くはない、とおもって、木津川川岸の上津屋橋付近の、以前堤防から見て気になった樹のことを思い出した。単独の力強く生きている樹をヘッセはことのほか賞賛しているのだ。それで11月10日に言文センターの方に相談したところ、許可していただけた。はじめは7人乗りの自家用車で計画していたが、それはタクシーを使ってくれということになった。
 ヘッセは「樹々」(Bäume)というエッセイの中で、樹々は、耳を傾けるひとに、「生きることの根本の法則」(Urgesetz des Lebens)を説いてくれると語る。それをみずからの身体で語ってくれるということだ。納得できるところは多い。

 その上津屋橋の付近でも何ヶ所か候補はあった。当日、来た学生は4名だった。普段から出席者5人の小人数の授業だが、この日はその中の一名から、来れなくなったという電話が入った。それでタクシー一台で行くことになった。運転手と相談して、まず右岸から入って、上津屋橋を渡って左岸にゆくコースにした。車は左岸で待機してくれる。
 まずは上津屋の渡しの目印のエノキを見た。次は石田神社遥拝所の大樹(これもエノキか?)。
あとはゆっくり秋の日を楽しんだ。




この明るい陽射しをあびる樹の梢の中には、
「世界」、というよりは
スズメたちがざわめいていた。狂騒的に
画像



実や種についてはヘッセも語っている(遥拝所)
画像



そして傷についても
画像



おだやかな秋
画像



画像








記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「ヘッセ」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ ヘッセのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる