アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「チューリッヒ」のブログ記事

みんなの「チューリッヒ」ブログ


《2017.8.5午前 チューリッヒ、明日の切符》

2017/08/06 05:24
瀬谷こけし

 明日はシルス・マリーアに発つ。そのためにどんな切符を調達したらいいのか知らず、ガイドブックを見てもよくわからなかった。それで中央駅に行った。赤い玉子のようなインフォメーションがあって、まずはそこで尋ねたが、頭注まで列車、それからバスということしかわからなかった。これで駅の構内の方に行くと、ライゼビーロー(旅行そこで会社)のようなものがあったのでそこに並んだ。
 州都のChur(クーアと詠むのかヒューアとよむのか知らない)まで列車(ICE)で行って、そこでサン・モリッツ行きに乗り換えて、そこからバスということのようだ。一枚のティケット、そして一枚の行程表を作ってくれた。84.60スイスフラン。一万円弱だ。途中帰りの切符のことを聞かれた。わたしは往復はいらない。片道だけで、戻ってこないとと伝えた。しかし彼はそれでも不安があるようで尋ねる。そこでスルスマリーアには6日いて、それからバーゼルに行くのだと伝えた。それで納得してティケットを作ってくれたのだ。
 こうして明日の準備はできた。
 そこでビューローを出たのだが、行程表を見ると、日付が今日になっている。それで戻って、これは正しいのかと尋ねた。行くのは明日だということを伝えて。もちろんチケットの方は明日の日付になっている。行程は同じなのだがと言いながら、彼は先の行程表を破棄して、新しいものを作ってくれた。作る前に何時ぐらいの列車がいいかと尋ねてくれて。わたしはだいたい10時ごろと答える。---それで新たに作ってくれた行程表は、先のものと内容では全く同じだった。しかし彼としては出発希望時間を尋ねずにさきのものを作ってしまっていたので、お互いにとても納得してティケット類を発行してもらうことができたのだ。そういうやり取りのあとは気持ちがいい。彼にしても「正しいか?」(richtich?)と聞かれたことは気持ちよかったようだ。正しい仕事を相手の確認の上でし終えたときは、普通の場合以上に気持ちがよくなるものだ。これは一般にドイツ人でも同じなのだが。そういう性格をわたしはとても好ましいものだと思う。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《2017.8.5 チューリッヒ夕方》

2017/08/06 05:15
瀬谷こけし

 夕方、仮眠から覚めて、かねてから探していたマウスを買いに出かけた。そのためには誰かから情報をもらわなくてはならない。お値打ちの(preiswert)にPC用のマウスを買えるところはないか? 教えてくれとお願いしたのは、宿の受付のおねえさんだ。コンゴの出身だということを昨日誰かと話していたひとだ。ここの受付のおねえさんはみな友好的で感じがいい。昨日さいしょに応対してくれて、荷物を預かってくれたおねえさんも、英語もドイツ語もうらやましくなるほど達者な、アラブ系かな思えるような褐色の肌のひとだった。そのひともとても親切だった。
 コンゴ出身のおねえさんは、中央駅構内のS10電車を降りて上がってすぐの向かい側にある店だとして「Interdiscount!」という店を教えてくれた。わたしが中央駅で降りるときはいつも「アジアの食べ物、持ち帰り」と銘を打ったケバブの店の前に出るので、その電子関係お値打ちの店には気づいたことがなかった。出かけて、言われたとおりにエスカレーターを上ると、左手に、今度は確かに「Interdiscount!」という店があった。カメラもあり、いろいろな電子機器を割安に売っているありがたい店だった。そこでUSBのコード付きの一番安いマウスを買った。店の人は、ほんとならもっといいものがあるので勧めたかったようで、「旅行者なのか?」とわたしに尋ねた。旅行者だと答えると、それならこれでいいと納得して売ってくれた。実際親切な人だ。今回はブルートゥースのマウスをたまたま荷物に入れ忘れて、これまでずいぶん苦労してパソコンを使っていたのだ。その苦労からこれからは解放される! 
 宿のおねえさんは、もう一軒「Medimarket!」」という店も安くて大規模でいいが、チューリッヒの郊外に行かないとないのだということだった。結局は先の店で用事がすんで、「Medimarket!」まで行く必要はなかったのだが。
 そこで早速用事がすんだので、夕方の時間、ペスタロッチ公園まで行った。そこで写真を撮って、芝生に座ったり、ベンチに座ったりして、ゆっくりと沈んで行く太陽と、やっと吹き始めた涼しい爽やかな風を、長く楽しんでいた。ドイツの夏の夕方というのも、とても気持ちのいい時間だったが、チューリッヒでもこの時間はとても素晴らしい時間で、この刻を逃さずに味わうために多くの人が屋外に出てくるようだった。通りにテーブルを並べただけのレストランや喫茶店で、何するともなく、通りを見流している人々も、ただこの刻を、この爽やかな風を味わうためだけに出てきて、コーヒーなりビールなりをテーブルに置いてもらっているようだった。
 ドイツでもそうだったが、夏は夜8時ごろまで、外が気持ちよい。激しかった一日を回顧するための心地よい時間なのだ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「チューリッヒ」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ チューリッヒのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる