アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ


《アンデルシェフスキのシューマン《早朝の歌》終曲讃》

2017/04/23 21:28
瀬谷こけし

《アンデルシェフスキのシューマン《早朝の歌》終曲讃》

 アンデルシェフスキの演奏は多種多様な流れのリズムをつかみ取って複合させ、また移行させていっている。霧の流れのリズム、木の葉の細かく震えるリズム、太陽が東の空に近づいてくるリズム、水面のさざ波のリズム、そして木々の梢から雫の引いてゆくリズム、などである。この多様なリズムの把握が、例えばポリーニの演奏とまったく違うところだ。ポリーニの演奏の分析はあえてここではすまい。アンデルシェフスキの演奏は、革命的に新しい。そしてシューマンは、アンデルシェフスキにおいてはじめて自曲の正しい演奏者を見出したことだろう。シューマンの晩年の楽譜には、アンデルシェフスキのような自然の細部と密着した様々なリズムを聞きわける感覚によってはじめて読み取るとのできるデリケートなさまざまなリズムが書き込まれているに違いない。それらはまだほとんど読み取られていないのだろう。
 (シューマン、op.133)




シューマン:ピアノ作品集(暁の歌 他)
ワーナーミュージック・ジャパン
2014-12-24
アンデルシェフスキ(ピョートル)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シューマン:ピアノ作品集(暁の歌 他) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


《アンデルシェフスキのバッハとシューマン》

2017/04/23 02:38
瀬谷こけし

 このパルティータ1番も穏やかさの中に鋭さ激しさ暖かさのある緻密で真っ直ぐな演奏で音色も美しくすばらしいと思うが、アンコールにシューマンの《早朝の歌》(Gesäenge der Frühe)の終曲が、さりげなく弾かれて、それがさらにすばらしい。シューマン晩年のこんな難解な曲がこんなに自然に聴けるのは奇跡的なことと言ってよいのではないか。(試しにポリーニと聴き比べてみればその違いに愕然とすると思う)。

https://youtu.be/Kvhurpp-wDc





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《短波》

2016/12/27 22:45
瀬谷こけし


画像



 長く使っていたオーディオ用アンプのボリュームのところで入るノイズが取り除きにくくなっていて、アンプを買い替えることにした。買ったのはパイオニアの安価でシンプルなもの。もともとダイレクトでしか聴かないので、いろいろなコントローラーは不用だ。ニ三日前からそれを使って聴いているが、却ってこういうアンプでしか聴けない音もあるのだなと少しずつ慣れてきた。それで今日はグールドの「運命」を聴いた。---これはしかし音のエッジが立ちすぎて、機械的な音というか、メカニカルな修正が多すぎるような気がして、相性はよくなかった。---それでシュトックハウゼンの『短波』をかけてみたくなった。この『短波』だけは、いい加減な音で聴きたくないので、ここ10年以上、大津の「シュテルンクランク」のスタジオ以外では聴いたことがない。
 それでかけてみたのだが、音量をやや小さくしていたせいもあるかもしれないが、そして聴く方も全身全霊を挙げて聴くという集中をせずに聴いていたせいもあるが、かなりあっさりした音楽に聞こえた。あの、エクスタシーを越えて、さらに何度も何度も超えてゆくような演奏は、とても掴めなかった。それで思い出したのは、「こういう音楽は普通のところででは聞けないようにした方がいいですね」と言ったひとの言葉だ。スマホやMP3などの装置では聞けないようにする、そんなことでもあり、またいわゆる有名ブランドの装置のことでもある。
 エッジの鋭さはそれでいいのだが、それを取り巻くいろいろな波長・波形(音高・音色)の音をすべてその自然さで再現するような音響性能は、このアンプにはない。---いや、部屋を掃除すればさらにはるかによくなるのは間違いないのだが。ともあれ後日、このアンプを使ったシステムで、もう一度全身全霊を挙げて聴くことをしてみたい。
 そしてさらに思ったのだが、来年は福島県田村市の「あぶくま洞」でのシュトックハウゼンの演奏会を実現してみよう、ということだ。シュトックハウゼンの直観音楽の。この演奏で一番難しいのは、演奏者を選び出すことだ。その演奏者の一人として、上述の感想を言ってくれた人を誘ってみよう、と思った。核になる三人が決まれば、あとはもう少し楽に選べる。
 来年度は、いろいろと少し楽になるので、このプランを実現すべく、努力をしてみよう。
 (この読者の中に参加を希望する方があったらお声がけください)


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《ワールドコーヒー》

2016/07/16 11:25
瀬谷こけし


画像



 昨日夕方近く、北白川のワールドコーヒーに行った。ここのブレンドコーヒーはとてもおいしい。とりわけ最初の一口が。それで、コーヒーを待っていると、室内に小さな音でかかっているピアノ音楽が耳に入ってきた。驚いて耳を澄ます。やはりスカルラッティのソナタ(多分K.380)。これには驚いた。いままでどこかの店舗でスカルラッティがかかっているのを聴いたためしがない。こんな有線の放送でもスカルラッティの精神の晴朗さはわかる。気持ちに透明感が湧いてくる。その一曲でとても満足して家に戻った。








スカルラッティ:ソナタ選集
ワーナーミュージック・ジャパン
2000-06-21
ロス(スコット)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スカルラッティ:ソナタ選集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《旋律 ---ロベルト・シューマンに寄す---》

2016/07/11 21:38
瀬谷こけし


画像

画像

画像

(写真はオルタのモンテサクロ)


 ロベルト・シューマンのop.14、「オーケストラなしのコンチェルト」(ピアノソナタ第3番)の終楽章を聴いていて思うのだが、ある旋律の発見が解決になる、救済になる、という苦闘の経験を作曲家は持つことがあるのではないか? わたしたちはあまりにもメロディーに慣れ過ぎていて、そうした肝心かなめの旋律を見出さねばならない苦闘を忘れてしまっているのではないだろうか。その旋律だけがもたらすであろう解決。
 この終楽章は、そのような旋律の発見をテーマにして作った作品ではないだろうか。発見へのプロセス、そして発見される僥倖。この曲ではその旋律が展開されることなく、ひそかに姿を見せているそのさまで置かれているように見える。そしてこのような苦闘のうちに、シューマンの人生はあったように思う。---これは、「鬱(病)」というものの本来の形ではないだろうか?


 






シューマン / ダヴィッド同盟舞曲集
ユニバーサル ミュージック クラシック
2001-05-09
ポリーニ(マウリツィオ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シューマン / ダヴィッド同盟舞曲集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《ドメニコ・スカルラッティ ソナタ K.491》

2016/04/23 13:59
瀬谷こけし
 ドメニコ・スカルラッティの明確さ、晴朗さ、そして強さ、ソナタ ニ長調 K.491は彼の最良の曲の一つだと思うが、YouTubeで探してもなかなかお勧めできるようなものが見つからない。私はスコット・ロスのチェンバロのもの(WPCS-21069)が最良の演奏だと思っているのだが。音を濁らしても気にしない演奏者が多くて(笑)。さすがにホロヴィッツの演奏はその点ではとてもよいのだが、力強さと多層的な面白さがない。Belderの演奏は晴朗感がない。結局このペライアの演奏が、YouTubeの中では最良だろうか。赤松林太郎のものもよい。


SCARLATTI ● Sonata L 164 K 491 ● MURRAY PERAHIA ● MADRID




D. Scarlatti - Keyboard Sonata in D Major K.491 / L.164 - Vladimir Horowitz




D.スカルラッティ/ソナタ ニ長調, K.491, L.164 pf.赤松林太郎





Scott Rossの演奏もありました。下記の24分24秒くらいから:

Domenico Scarlatti Harpsichord Sonatas K485 - K500 Scott Ross 30

https://youtu.be/ignlqruGA9I?list=PLNjEEpAb2UpbJBBFqRinTmND9k3NeD1LO







スカルラッティ:ソナタ選集
ワーナーミュージック・ジャパン
2000-06-21
ロス(スコット)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スカルラッティ:ソナタ選集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



======2016.4.28補足======
わたしの言いたいことは、わたしが聴いた中ではスコット・ロスの演奏の中にだけ聖と接する歓喜(狂気)がある、ということだ。それは後半部で9回打たれるD(レ)音。その、聖なるものと接する歓喜の音の鋭さ! (16分音符で4回、4分音符で6回、そして最後にもう一度16分音符で)



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


《ムスタキが聴きたくなる日》

2014/10/16 23:05
瀬谷こけし
 とりわけこの曲「Rien na changé」。何も変わらないのに、にもかかわらずすべてが変わってしまった…、と。福島原発事故の前のこの季節をどこかで思い出しているのかもしれない。四年が経った。


http://youtu.be/DAqjB5Xmj_w





 あの原発事故以来、すべてが変わってしまった。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《ハンス・トゥチュク作曲の『迷宮』》

2014/08/07 20:39
瀬谷こけし
画像


 ハンス・トゥチュク(Hans Tutschku)さんの『迷宮』(Irrgärten)という作品、これはシュトックハウゼン(Stockhausen)の『マントラ』(Mantra)への返答だということだが、このハンスさんの作品は『マントラ』のどの演奏よりもよい。緻密で、緊密で、音楽の微細な構造をより深く構成し直している。

 ということは、『迷宮』は『マントラ』よりもより優れた作品だということになるだろう。

 ということは、ハンスさんは、作曲家として、電子的変調を使用して音高・音色間を微小化する緻密なピアノ曲という領域でシュトックハウゼンを越えたことになる。

 これは驚くべきことだが、認めなければならない。

 私はハンスさんの『迷宮』のCDを、まさにシュトックハウゼン出版が出すべきだと思う。あるいはシュトックハウゼンへの謝罪を兼ねてドイツグラムフォンが。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《夕想 (Abendempfindung) 》

2014/07/16 02:03
瀬谷こけし
 ハンスさんに30弦の琴の話をしたら興味をもたれたので、以前「夕陽を観る会」でドラの演奏をさせてもらった縁で、朝倉さんにお願いして東山霊山正法寺に行き、30弦を見せてもらった。はじめに朝倉さんの演奏したCDを聴かせてもらい、その後30弦を見せてもらって、一通りの奏法を見せてもらった。その後ハンスさんが、30弦を使って音を取らせてもらい、わたしはとても興味深い時間を楽しませてもらった。その後で夕陽の沈んでゆくところをじっと見ていて、鳥の鳴く音も、飛び方も、まるで平安時代そのままのような、稀な時間を過した。
 それから今度はハンスさんのCDをご住職と一緒に聴き、ここのリズムはこうだ、ここのピッチはこうだ、ここは倍音で歌っている、ここは声明だ、ダラニだ、等々、色々たずねながら、何とも楽しくみなで聴いていた。聴いた曲は「Isshoni」という曲。世界各地の儀式で唱えられる祝福のことばをアレンジしたものだ。最後に圧倒的かつ圧縮的にスピード感を高める、そして破壊的で啓示的な音が響き(中国の琴の音だと言う)、そして調和的なものが見えてくる。
 とても素晴らしいひとときだった。西山の北いっぱいに近く日没を見送り、そして稀なほどに楽しい宴が興り、忘れがたい一夕になった。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《自分の身体においてリズムを多数多様化すること》

2014/02/13 20:23
瀬谷こけし
雪の残る愛宕山
画像
「民俗学」の採点が終り
久しぶりに写真を撮った



 例えばシュトックハウゼンの《短波》を十分に聴き取るためには、自分の身体の様々な部分を演奏の中の様々なリズムに呼応して多数多様に反応させ、且つまた先端を走るまだ演奏されていない音なきリズムを思考において踏んで行かなければならない。わたしはよく左右の10本の指を、それぞれの音に呼応させて聞いているが。例えば右手の人差し指をコンタルスキーのピアノに呼応させ、中指をフリッチェのビオラに呼応させ、左手の中指をボージェのエレクトロニウム呼応させ、かつ左手全体をアリングス/ゲルハールのタムタムに呼応させ、かつ左右の手を短波ラジオから流れる/流れた音に呼応させ、等々。しかもそれぞれの奏者が、多数多様なリズムをおのれの音の中に内在させ、潜在させて、切っ先を示しているのだ。その全体に反応すること自体、大変なリズム把握になるのだ。二拍子、三拍子、四拍子、五拍子という単純なリズムに全身を合わせる、というような単純な反応の仕方ではとうていシュトックハウゼンを聴き取ることは出来ないし、この世の中のリズムを聴き取ることも出来ない。単純な拍子に自分をあわせるという教育をしていれば、単純に従属する人間が作れるだろう。だが例えば、そんな単純な反応大系でボクサーが世界チャンピョンなどになれるはずがない。例えば腰の一瞬の動きだけで四拍子のリズムなどは簡単に取れるのだが、それが読み取れない人間が多い。実際そんな単純なリズムで全身を動かしていたら、1分ともたずにKOされてしまうだろう。はるかに細分化された多数多様なリズムを自分の身体のうちにもたせ、相手には読めないリズムでパンチを繰り出すことの出来る者だけが、勝利するだろう。ひとりのチャンピョン・ボクサーの身体の内には、実に多数の複雑なリズムが内在しているのだ。そしてこれはボクシングだけの話ではない。自分の身体の中に多数多様なリズムを潜在させまた顕在化させる、そういうことを可能にさせるリズム教育が必要ではないだろうか。軍隊の行進をモデルにして人間の身体をリズム的に単調化する教育はごくごく小部分にとどめておかなければならない。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
ギボンズ(Orlando Gibbons)といえばやはりこれから: Italian Ground
ギボンズ(Orlando Gibbons)といえばやはりこれから: Italian Ground  オーランド・ギボンズ(Orlande Gibbons)といえばヴァージナルの曲が面白く、やはりグールドが弾いた[Italian Ground]の魅力が大きい。逆に言うと、グールドのフレージングの影響を超越している演奏にはなかなか出会えない。だがこの小さなクラヴィコードによる演奏はまったくグールドの演奏を超越している。こんな弾き方もあるのだ。「間」を楽器と手の都合で好きに変えてしまう。そういえばクナッパーツブッシュの指揮(ベートーヴェン)にも、演奏者たちが勝手に出し抜いてテンポを作ってしまお... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/27 11:52
ウィリアム・バード(William Byrd)といったら先ずこれ
ウィリアム・バード(William Byrd)といったら先ずこれ  《ゼリンガーのラウンド》と呼んだらよいのだろうか。  《Sellinger's Round MB84》 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/27 02:03
昨日(9月8日)遊子庵にバイオリンを聴きに行ったこと
昨日(9月8日)遊子庵にバイオリンを聴きに行ったこと  昨日遊子庵にバイオリンを聴きに行った。マッハさんというチェコ生まれのバイオリニスト。後でCDを二枚買って、今日聴いていたが、クラシック畑というよりは、ダンス音楽や、チェコなどの地域色のある音楽が本領のようだ。演奏会ではピアソラのものが一番合っていたか。ともかくなかなかの達人。「ユウシアン」という自作の曲も弾いてくれた。京都風の陰影、雨音、おぼろさやものの姿がくっきりして行く感じなど、なかなかよく京都的なものの雰囲気を捉えていると思った。感じる力の優れた人のようだ。  チェコというと、フラ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/10 02:09
O ina ni keke オ イナ ニ ケケ紹介 (ナヨアン・フランキーさんの日本語訳と解説)
O ina ni keke オ イナ ニ ケケ紹介 (ナヨアン・フランキーさんの日本語訳と解説) 前にもこのブログで紹介したことがある「オイナニケケ」。ヨナアン・フランキーさんに日本語訳をしていただくことができた。フランキーさんはインドネシア・マナド大学教員。現在国際交流基金で日本に滞在中です。数年前の「沖浦ツアー・マナド/ミナハサ地方の旅」で通訳をしてくれて、それで知り合うことができた方です。 「オイナニケケ」は以下です。歌はYouTubeでも探すことができます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/04/03 22:10
インドネシアでムスタキ
インドネシアでムスタキ 今回の旅のはじめの方のどこかで、どこかのホテルで、ジョルジュ・ムスタキの「ジョゼフ」の音楽ビデオが流れていた。バリのホテルか、パレパレのホテルか。例によってテレビをつけっぱなしで寝ていて、不意に耳に入ってきた音楽だった。インドネシア風でない音楽放送だったので、国際放送だったのかもしれない。  ともあれムスタキの「ジョゼフ」。ヨセフはガリレの町で一番美しい娘を嫁にしたという歌詞がポイントだ。映像は美しい娘が、布を織っていたのか、それとも洗濯物を干していたのか、なかなか顔全体が映らないようなカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/02 13:36
目下のわたしの最も大事な仕事が …… 直観音楽
目下のわたしの最も大事な仕事が …… 直観音楽 目下のわたしの最も大事な仕事、シュトックハウゼンの弟子として直観音楽家としての仕事が、少しまとまりつつある。世に、これがわたし(たち)の演奏だとして示せるものが、幾つか出来た。彼の在世中にそれが示せなかったのが残念だが、しかしわたしの遺した碑といえるものができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/01 16:34
カール・ニールセンさんを迎えて演奏会をした
カール・ニールセンさんを迎えて演奏会をした 写真:左から寺村、ニールセン、中路、中川、若尾 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/09 10:50
グレン・グールド
グレン・グールド  車で聴くためのCDを何枚か用意しているが、ここのところずっと掛けているCDがある。グレン・グールドの弾く、ベートーベンの最後のビアノ・ソナタだ。30番、31番、32番が連続して入っている。このCDが多分一番好きだ。大井浩明さんが「以前はシューマン目線で解釈していた」と批判的に語っているのは、このグールドの解釈のことなのか、と思うが、だがやはりわたしはこのグールドの解釈が好きだ。こんな演奏が一枚残せたら、それでもう、ひとりの人間が生きた証しとして十分だと思う。こういうものを自分は残せたか? ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/21 01:33
岡本太郎はほんものである (1)
岡本太郎はほんものである (1) わたしは岡本太郎は「ほんもの」だと思っている。ほんものの鑑識眼を備えた人物、ほんものの趣味をもち、ほんものの見極めのできる人物のことだ。 わたしが彼を本物だと思うのは、二つの点に感心するからである。ひとつは『沖縄文化論』の中の八重山の歌について彼が語るエピソードによってである。もうひとつは東北文化についての洞察にかかわることだが。まずは沖縄文化にかかわる洞察のことから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/18 21:17
今日、久しぶりに岩下徹さんと
今日、久しぶりに岩下徹さんと 今日、授業が終わって研究室への帰り道、山の上の能舞台の隣の屋上で岩下(徹)さんが踊っていた。ひとりで踊りの練習に体を動かしていたということなのだろう。あのいつもの黒い上下の練習服で。 お会いするのも久しぶりのことで、二三言葉を交わしていた。そのうち遊びたくなった。邪魔ではないというのでドラをもっきた。そして即興で遊ぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 00:24
ドイツの音楽雑誌"MusikTexte" 5月号に小論文を載せてもらった
ドイツの音楽雑誌"MusikTexte" 5月号に小論文を載せてもらった 明日から花巻。その打合せで大学に行った。メールボックスにDellの宣伝冊子ともう一つ何やら黄色い冊子が。普通ならすぐゴミ箱に捨ててしまうところなのだが。  家に帰って、バッグの中を整理していると、その黄色い冊子にMusikTexteとドイツ語が書かれているのに気づいた。117号、Mai(5月) 2008。あ、あれだ、という感じだった。今年の1月に書いたシュトックハウゼンについての小論だ。タイトルは「音楽の大道無門」。2月号に載るはずだったのだが。  まさに最終締切日にメールで送って、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/02 22:54
ハンス・フェルスタッドさんの音楽を聴いた
ハンス・フェルスタッドさんの音楽を聴いた 昨日(2008年5月11日)ハンス・フェルスタッド(Hans Fjellestad)さんの音楽を聴いた。 京都北白川の「ビバラムジカ」(VIVA LA MUSICA)で。友人のデンマークの音楽家、カール・ニールセンさんが紹介してくれた人だ。 聴いた音楽は素晴らしい。アース・ミュージック、とか環境音楽とかいうジャンルになるのだろうか。他の二人の音楽家とともに、それぞれシンセサイザーをいろいろ変調して音楽を作ってゆく。 「癒し系」の音楽に分類されるかも知れない。癒しの効果はあるだろう。だが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/12 07:16
九月 北海道で中島みゆき
九月 北海道で中島みゆき 九月二十一日から二十五日まで行っていた北海道では、中島みゆきの 「人を捨てるなら九月…」という歌が通奏低音のように、ずっと頭の中で鳴っていた。 急激に冬に向かっていってしまう時の慌ただしさ。余裕がなくなってゆく心のさま。 北海道にいてやっとリアルにわかる。 わかっていた日々。 わかっていたというだけだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/30 03:16
シュトックハウゼンの「創造的エクスタシー」
シュトックハウゼンの「創造的エクスタシー」 「七つの日より」と題された文章の中でシュトックハウゼンはこう言います。 "Musikalische Meditation ist keine Gefühlsduselei, sondern Überwachheit und --- in den lichtesten Momenten --- schöpferische Ekstase." (Karkheinz Stockhausen, "AUS DEN SIEBEN TAGEN",Texte zur Mus... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/06 01:33
音楽的瞑想とはたわ言ではなく……シュトックハウゼン
音楽的瞑想とはたわ言ではなく……シュトックハウゼン 紹介しておきます。 Musikalische Meditation ist keine Gefühlsduselei, sondern Überwachheit und --- in den lichtesten Momenten --- schöpferische Ekstase. (K.Stockhausen, AUS DEN SIEBEN TAGEN) 「音楽的メディテーションとは、感情的なたわごとではなく、超覚醒であり、そして---最も輝かしい諸モ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/05 01:45
「間」について (シュトックハウゼンの「正しい長さ」から考える)
「間」について (シュトックハウゼンの「正しい長さ」から考える) 古語に「間近し」「間遠し」という語があります。普通「間」の語を使って表記します。 古語辞典の中でおそらく最も鋭い言語感覚で書かれた『岩波古語事典』もこの表記を使っていますが、わたしにはこれはもとは「目(ま)近し」「目遠し」であった気がします。 「間」についてエッセンシャルに考えるためには、「間」を「目」から考えることが必要ではないかと思います。 「間(ま)」は「Punkt・点」(ドイツ語)と関係し、あるいはより正確には動詞の「punktieren」(点を打つこと)に関係すると思います。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/25 03:16
ジョン・ケージ「4分33秒」の成立条件
ジョン・ケージ「4分33秒」の成立条件 私はジョン・ケージの「4分33秒」にほとんど何の関心もないのですが、 あの曲の鑑賞のためには、コンサートホール等の演奏場所を必要とすること、 楽器(ピアノ曲でしたか?)と演奏家を必要とすること(掃除のおばちゃんがピアノのまえに座ってもダメなこと)、 演奏家は譜面を読まなければならないこと(休符(tacet)の拍数(秒数)を自分の時間感覚で読まなければなりません)、 があります。 これらのことがあって初めて成立する音楽です。 だから聴衆は、4分33秒の間、「次の瞬間にはどんな音が出... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/07/20 23:50
インドネシアのテルナテ島で 2 (つづき)
インドネシアのテルナテ島で 2 (つづき) 「インドネシアのテルナテ島で」からつづく ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/28 02:39
封印を解き 直観音楽を再開した
封印を解き 直観音楽を再開した 五十五歳になるまで直観音楽は封印していた。それはこんな理由だ。 大学院に入るときの面接で上田閑照先生から、「大学院に進むというのは単に学問を続けるということではなくて、研究に一生をささげるということなのだ。君はその覚悟ができているね」と訊かれた。僕が音楽に本気でかかわっているということを聞き知っていての質問だった。 この時直観音楽の方は一段階を越えていた。僕らの演奏テープを聞いてくれたシュトックハウゼンは、あとで「京大音楽研究会の音楽家たちに」(ドイツ語)と手書きして、楽譜、LPレコード... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/21 02:43

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる