アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「橋本繁蔵」のブログ記事

みんなの「橋本繁蔵」ブログ


《橋本繁蔵》

2017/06/30 01:15
瀬谷こけし

 わたしが、飛騨人の生活と文化を読み取るための窓口として、橋本繁蔵さんに教わったことを最も深い手掛かりにしている、ということは何度も語ってきたことだ。実際2001年から、2011年まで11年間、毎年繁蔵さんにクマ狩りに同行させてもらってきた。そしてそのクマ狩りの期間(決して長くはないが)、毎晩繁蔵さんの家に寝泊まりさせてもらってきた。そして食事も三食とも一緒だ。
 そういう風にしてクマ狩り期間の中の何日かを繁蔵さんと一緒に過ごしてきた。その間に教えてもらってきたことはとてもたやすく語れるようなことではない。民俗にも、言葉にも、繁蔵さん自身の生い立ちにも関わることだ。その間、橋本さんの技や読み取りのの数々について、繁蔵さんの技の卓越については何一つ疑問を抱くようなところはなかった。男の中の男、猟師の中の猟師と呼ぶべき人物だった。
 その間一度だけトラブルがあって、関係が悪くなったことがあった。それは、狩りからの帰り、繁蔵さんが往復に使ったわたしの車(スカイライン)のなかで煙草を吸おうとして、わたしがそれを拒否したことだった。---その事件に含まれている問題については、科研費補助金による研究の報告書の中で書いた。『東アジアにおける人と自然の対抗/親和の諸関係にかんする宗教民俗学的研究』(課題番号 16320011)の中の「飛騨の熊猟から人間と自然の関係を見る」という報告書のことだ。その中でわたしは熊狩りにおけるリーダーの権力はクマ狩りをする山中においては絶対的なものであっても、平地での生活では制限を行う必要がある、という論点を提示したのであった。この論点はこれまで正しく提出されたことがなかったとわたしは考えている。
 その後、この報告論文を書いたこと、そしてわたしの方から和解のしるしのプレゼントをしたことで、わたしと繁蔵さんとの関係は修復された(繁蔵さんはその報告書を大いに喜び、もう一冊姉にもくれとわたしに求めた)。
 だが今ここで語っておきたいのはもう一つのことだ。それは2011年2月に以後修復されることなく橋本さんとの関係が絶たれた理由のことだ。もう猟期も最後になろうという日の夜わたしは繁蔵さんに、飛騨での学問の分野で一番信頼しているのは誰だ、と問われた。わたしは何のためらいもなくある先生の名を上げた。その方の名前も、人物も、評判も知っていて、その人物で間違いないと繁蔵さんは言った。そしてその人物を自分は信用しない、と言った。---繁蔵さんがその人物をほんとうに直接知っていたのかどうか、そして何をもとにその不信感を懐いたのか、その辺のことをわたしは突き止めることができていない。あるいは猟師仲間からの風評にすぎない事だったかもしれない。あるいは実際上の細かな利権に関する問題かもしれない。だから何をもって繁蔵さんはその方への不信をぬぐい難くしたのかを知らない。だが、そのことに関してもう議論の余地はなかった。
 わたしはその時その晩、すべての荷物をまとめて繁蔵さんの家を出て、妻の実家の方に泊めてもらうようにする他はなかった。これまでの恩義に対して礼を言って、わたしは橋本邸を後にした。それ以後、彼に家に行ったことは一度もない。
 それからニ三年ほどして、彼の訃報を聞いた。わたしは京都から車を走らせて彼の葬儀に参加した。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《三上山》

2017/06/05 14:03
瀬谷こけし


画像

画像




 高山からの帰路、高速を竜王で降りると三上山のシルエットがちょうど美しい時刻だった。
 以前飛騨の猟師の橋本繁蔵さんに特別講義をお願いしたとき、帰路は私が車を運転して高山までお連れした。その時通りかかった三上山の美しさに感心されて、この山の写真をくれと言われた。それで、その後写真を撮りに三上山の麓まで出かけたのだが、そこで撮った写真が、せっかくフジの6×9で撮ったのにカラーバランスがあまりよくなくて、いつまでもお渡しするような写真ができないでいるうちに、繁蔵さんが亡くなってしまわれた。
 昨日は久しぶりに竜王から降りてちょうど美しい三上山に出会えた。車を細道に止めて何枚か写真を撮った。
 この二枚を繁蔵さんに献じよう。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《帰路の残雪》

2017/04/11 00:02
瀬谷こけし

画像



 高山からの帰路、せせらぎ街道を通ればこういう残雪の道を通ることになる。こういう残り雪にもなつかしい思いがする。穴ごもりしているクマはいつ穴から出てゆくかそろそろ考え出す時期か? 橋本繁蔵さんは、穴の中で土のにおいをかぎつけて、出る時期を決めるのだと言っていた。土のにおいと、それと花粉の臭いもなのだろうか。繁蔵さんが言っているのは、もっと山深いところの穴で冬ごもりをしているクマの話だったが。あたり一面雪の中の木穴でかぎつける風にのって遠くからやってくる土のにおい。そのときそのにおいには花粉のにおいは含まれていないのだろうか?

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《折敷地の猟師橋本繁蔵》

2016/02/05 04:21
瀬谷こけし
 折敷地は橋本繁蔵さんの小屋があったところだ。この2月3日、彼がいれば熊狩りに連れて行ってもらう時期だと思いながら、久しぶりに折敷地に出かけた。繁蔵さんが亡くなってからはじめて折敷地行きだった。行けば昔ながらの丈夫そうな飛騨の家々が変わらずにあって、とても安心した。このような建物たちがなくなったらわたしはとても飛騨をイメージできなくなってしまう。この雪や寒さに耐える丈夫な家々、蔵、作業小屋等々。
 写真の小屋は、繁蔵さんが熊狩りに出るとき出発点にしていた小屋だ。わたしは2001年から11年間、毎年熊狩りに連れて行ってもらっていたが、わたしもここで寝て、朝、山に向かったことがある。高山から出るより30分は早く山に入れる。この小屋から歩いて二三分のところにスノーモービルを止めていて、そこから一時間から一時間半ほどモービルで雪山の道を登って、止め、そこから歩いて熊穴に向かうのが通例だった。雪道と言っても二三メートルは雪が積もっていて、その前に何度もスノーモービルで雪踏みをしているから早く行けるので、雪踏みからやらなければならないときは止め場所まで行けないことが多い。止め場所になるような少し広さのある場所が何か所もあるわけではなく、しかしそういう多少とも広い場所でないと、モービルの方向転換をすることができず、方向転換は実際至難の業なのだ。雪はいつも相当やわらかい。そうした少し広いところの停車場所を作るために、繁蔵さんが何度も何度もモービを前進・後退させ、少しずつ雪を固めて行っているところを、わたしは自分用のモービルに乗ったまま、感心して、また半ばあきれて見ていたことがある。10回20回ではない。もういいだろうと思ってもさらに踏んでいた。30回を越え、さらに40回を越えたのでわたしは数えるのをやめた。そうして出やすい方向に方向転換してモービルを止める。その後でわたしが自分用のモービルを止めようとするのだが、とりわけバックでは雪質を感じながらの微妙なアクセルワークが必要なのだが、それをうっかり吹かし過ぎて、クルーラー(後輪)が雪を掘って、あっという間にもぐっていってしまった。前進させようとしても動かない。大失敗だ。繁蔵さんが代わってくれるが、もはや彼でも脱出ができない。そうなったときには普通はスコップを取り出して(スコップは必需品だ)前の方を掘って、高さの差をなくして、脱出を図るのだが、このときはそれでも脱出できなかった。このときはどうしたか。繁蔵さんが三四センチほどの太さの葉っぱの付いた枝を数本伐ってきて、クルーラーの下とソリの下に入れるのだ。もちろんのことだが、下に入れるためには、モービルの隣のスペースの雪を、潜ったモービルと同じ高さまで掘らなければならない。その作業だけで30分以上の時間がかかり、体力を激しく消耗する。彼の数十回の雪踏みも、わたしのよううな下手なライダーを連れているときには、十分ではなかったのだ。少し言い訳をしておけば、わたしが貸してもらっていたモービルはツーサイクルのエンジンのもので(多分バイクのRZ350と同じエンジン)バックでの微妙なアクセルコントロールは相当難しいものだった。繁蔵さんは650ccのフォーサイクルのモービルを使っていた。そんな風に、繁蔵さんには、山への入り方のなにもかもを助けてもらいながら教わっていった。雪の中でモービルが立ち往生してしまったことも何度か。一度はシャワリ(V溝)を越えるときにアクセルを吹かし過ぎて、モービルから振り落とされ、その自分のモービルに左足太ももを轢かれてしまったことがある。下が雪なのでたいした傷にはならなかったが、少し出血もして、踏まれたところは後でアザになった。モービルは横倒れのまま三メートルほど走って止まった。繁蔵さんたちは気付かずに先に行ってしまていて、ともかくわたしは自力でモービルを脱出させ、道に戻し、動かさなければならなかった。---自力ではなかなか脱出できなかったが、それなりに脱出に近づいていた。30分ほどして繁蔵さんたちが戻ってきてくれて、三人でソリの前方の雪を掘って、脱出できた。こんな風にいつも足を引っ張っていたが、繁蔵さんはあきらめることなくわたしを連れて行ってくれた。

 この2月3日は、丹生川ダムが完成していて、折敷地の在所からも壁のように、高いコンクリートの建造物が見えて驚いた。それが丹生川ダムだということはすぐに分かった。ダムは2014年の6月から放水も始めているということだった。車でダムの下まで行き、また上まで行ったが、繁蔵さんが生まれた五味原はまるまる、すっかりダム湖の下だった。生村生雄さんの科研の調査で数人でおじゃまして、熊狩りの初歩的なことを学びながら繁蔵さんたちとモービルに乗って走り回って遊んだところも、まるまる湖の底に沈んだ。そして狩りに行くときいつもカモシカが見下ろしていた山はちょうどダムの上辺が山と接するあたりだった。橋本繁蔵の死は、どんな新聞にも一行も書かれていないかもしれない。けれど彼はすごい男だった。猟師の名にふさわしい、飛騨の猟師の名にふさわしい男だった。飛騨弁でいう「きつい」男でもあった。彼に言い負かされて恥ずかしい思いをした人間もきっと少なくなかっただろう。そのために買った恨みもあっただろうと想像する。何しろよくできる人で、言葉と行動が完全に一致していた。山とか熊狩りに関してはなおのこと厳しかっただろう。折敷地、そして丹生川の山々、時には上宝の山にも入ったが、そこらはわたしと繁蔵さんの遊び場だった。こよない、この上ない遊び場だった。

 この繁蔵さんの折敷地の小屋の中には彼の自作のかんじきも見えた。少し青いのがそれだ。ギアを作る素材で作ったもので、材料費だけで二万円するといっていた。少し重いが、これが雪の中で雪がくっつきにくく、最高だということで、山に入るときにはわたしにも貸してくれた。実際かんじきを靴に留める紐にも工夫が必要で、雪がまつわりつくととたんに重たく、また煩わしくなってしまう。彼はビニールハウスに使うテレビアンテナの平行フィーダー線によく似たものを使っていた。確かに具合がよい。わたしは自家用のものもビニロン紐からその平紐に変えた。そのようにして細部に至るまで研究熱心な男だった。そしてそれを自分で開発する技術と知識があった。煙草のことだけは考えが合わず、そのことで二度けんか別れになった。その二度目のけんか別れをそろそろ解消して思っていた時、彼の死亡の知らせが入ってきた。葬儀にわたしは参列させてもらったが、彼の猟師仲間は見たところ一人も来ていなかった。出来すぎる男だったと、見る人には見えただろう。それを見たくなかった人間が、飛騨にも多かったのだろうと思う。



折敷地集落・背後に巨大なコンクリート建造物
画像

家と蔵
画像

画像

画像

画像


繁蔵小屋
画像

かんじき
画像

いちいの木
画像

丹生川ダム
画像

猟期には場面右下の道路の端に2台のスノーモービルをとめていた
画像



湖水の奥の方が五味原集落のあったところ
後ろの山の奥の方で狩りをした
画像

このあたりよくカモシカがいた
画像

ダムの放水路を上から
画像

画像

画像


画像

画像

画像

恵比須の湯
画像







 橋本繁蔵のような男はまた現れるのだろうか? あれほどのきつい男が? ---多分また生まれてくる。どこかに。夕光とともに立ち上がる雲をみていて、そう思った。それは飛騨の地にではないかもしれないが。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《天才といえば…》

2014/06/20 11:17
瀬谷こけし
天才といえばわたしはまず第一にこの人のことを思い浮かべる。橋本繁蔵。猟師。
すべてのことの見切り、見極めに、この人ほどシャープだった人を知らない。
写真は2007年のもの。11月15日だったと思うが、丹生川村の彼の猟場を案内してくれて、爪あとの読み方を教えてくれた。
この先のところで獲るところを写真に撮ろう、と提案してくれたが、実現しなかった。
近いし、ここならいつでも獲れる、と言っていた。
テリオス・キッドの天井に何度も頭がぶつかりそうになった。
そしてクラッチがだいぶ焼け焦げた。
この時は妻と二人で案内してもらった。

画像

画像

画像






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《君あしたに去ぬ》 

2013/08/28 00:40
瀬谷こけし
拙句:

>  師の死にてやがて秋吹く夜寒風

>  雑草の伐られて惜しむ人わずか



画像




 ここで「師」は橋本繁蔵さんのこと。彼のことを師と呼ぶ人が何人いるだろうか。

 その技も、栄光も、民のものだった。
 超人的な技だったと、わたしは判断しているが。

 はや、秋になった。




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


飛騨の山河 ---橋本繁蔵を悼む

2013/07/19 16:14
瀬谷こけし

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






  若夏の緑あやなし萌えゐるを
         大空にしてみる人やある


 橋本繁蔵、飛騨丹生川村の猟師。2013年7月15日逝去。







記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


飛騨の熊狩り猟師、橋本繁蔵さんが7月15日、亡くなった

2013/07/17 21:48
瀬谷こけし
 熊狩りを専門にする飛騨の猟師、橋本繁蔵さんが15日、亡くなった。飛騨の丹生川村折敷地の奥、五味原の出身。私にとっては畏敬するほかない偉大な師だった。偉大な体術、感覚、認識……。飛騨の古い文化を身をもって継承している人でもあった。
 冥福を祈る。



 これほど深く飛騨の熊のことを知る人は知る限り他にいなかった。熊が木に残すすべてのメッセージを読み取ることが出来た人だった。
 だから、きっと飛騨の熊たちも、この橋本さんの死を悼むことだろう。


=============訂正=========
 18日葬儀に参会して分かったことを書いておきます。
 橋本繁蔵さんは15日夜8時50分ごろ、近所の人が家で倒れているのを発見してすぐに110番。日赤に運ばれた。だがその後も意識を回復することなく、午後10時51分に永眠された。ご兄弟がが駆けつけた時にはまだ息があった。
 橋本さんがお姉さんを大変頼りにしていたことが、今回参会して、よく分かった。(2013.7.19)


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


思い出すのは……

2012/12/20 22:18
瀬谷こけし

夕空

画像


画像


画像



 今日は12月20日。昨日で今年の授業(講義)は終ったのだが、気が晴れないのは、これからまだ、採点、添削、シラバス校正、集中講義などが続くからだ。それに、このところ左の胸から肩にかけてが痛むことが多くなっているからかもしれない。昨日はその上背中の、左肩甲骨の右のあたりも締め付けられるように痛んでいた。冠動脈がまた危なくなっているかもしれないと思って、今日は病院に行った。血液検査、レントゲン、心電図、心臓エコーなどを撮って、そして最後には心臓のCTを撮ってもらった。結果は来週聞きに行くことになる。結果が分かるまで雪山には入らない方がよいのか?
 「民俗学」の授業で時々話していることもあって、このところ橋本繁蔵さんに連れていってもらった飛騨・丹生川村の山の中のことを思い出す。あの、深い雪の急傾斜のなかを下りて行く恐さは、なかなか人には伝わらないと思う。もちろんわたし以上の経験をしている上級者も学生の中にはいるだろうと思うが…。あの恐さ。ほんの少し頭を前にやりすぎても落ち、また逆にほんの少し後ろへ反り過ぎても、今度は足もとから崩れて、雪ごと急坂を落ちて行くことになるのだ。一歩一歩進むごと、その落ちて行くものすごいスピードが想像される…。
 京都花背の山中なら落ちてもせいぜい数十メートルだ。それも、落ちながら杖を雪に差せばきっと程なく止まる。数十センチもなく杖が下の土に着くだろうからだ。それに対してあの飛騨の雪の急坂の恐ろしさ。二メートルは雪が積っているだろうところなのだ。そしてその傾斜の下方には木もなく雪も積らない百メートルもの崖があるところもある。木があればまだいいのだ…。
 ひとりで(人の行かないような)山を歩いているときも、もう一度あの心臓発作が来たら恐い。助からないだけでなく、春になって、ひとが山の整備に入ってくるまで、発見もされないだろう。
 それで、ともかく今日は病院に行った。



記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


星野道夫がらみで 2001年6月26日の授業

2010/12/29 16:12
瀬谷こけし
 星野道夫がらみで、昔のある学生のレポートを紹介しておく。

> 星野道夫の「ぼくは夜景が好きだ。それがどんなに人工的なものであったとしても…」という文章を読んで、私は彼がとても好きになった。多くのナチュラリストや動物愛ゴ家、アウトドア派といわれる人達は、“自然がいい、大切だ”と叫びながら自分が文明の中で生きていることを忘れている。電気も、水道もない場所で、まっ先に逃げ出すのは彼らではないかとさえ思う。彼らにとって自然や動物を大切にすることは、非日常なのではないだろうか。だから、言葉がうそっぽい。偽善にしか思えない。しかし、星野は、しっかりと自然をみつめながら、自分が文明の中で生きていること、人間であることを認めている。彼の写真や文章に説得力があり、きれいごとでないのは、そのせいだと思う。星野のような自然のとらえ方、かかわり方ができたら、素晴らしいなと思う。
> 私は、山の中で生れて育ったから、まだ“自然”というものを考えやすいかもしれないけれど、町の中で育った人には、とらえにくい部分が多いいのかもしれないな。
 (2001年6月26日、京都造形芸術大学「地域文化学」の授業レポート)

 このレポートにはわたしに対する批判も含まれているだろう。それもいい。

 この日の授業は、前回わたしが撮った「丹生川村の熊狩り」のビデオ(猟師は橋本繁蔵さん、田屋明平さんが補助)を見せて、「なぜ猟師は狩りをするのか?」という学生の質問に何とか答えようとしたものだった。最終的な答えとしてわたしが見つけた答えは「狩りの獲物は山の神様が与えてくれるものだから」というものだった。---伝統的な猟師の言い方そっくりなものになってしまったのだが。
 狩る側の人間として参加したその熊狩りで、わたしの胸にもっとも重くかかってきたことは、その親離れしてまだ間もない、人間で言えば十二、三才の子熊を撃つ事態になったとき、それをわたしは自分のそのくらいの年齢の子供が何者かに殺されるのと同じような痛みと感じていた。猟師も、そのような痛みを、どこかで感じてきているはずだ。民俗学的な報告を読めば、そのような、ひとと熊とが違わないということから来る痛みの告白のような叙述に出会うことがある。橋本繁蔵さん自身も、自分もこんな仕事をしてるからには次に生れて来る時には熊だろう。そのときは乗鞍の這い松のあたりでのんびりと暮らしたいものだ、と漏らしていたことがあった。授業でははじめに「動物愛護」的な思想から一方的に「熊狩りなどけしからん」とする学生のレポートも幾つか紹介し、そして人間の身勝手な土地利用によって熊の生息地が狭められ、熊たちは追い詰められているということの説明ももちろんした。さいわい今ではこういう理解も広がっているが、当時は「動物愛護派」的な言説が圧倒的な力をもっていた。

 この6月26日の授業では、出席してくれた学生のなかの相当数が、理解を示してくれていた。こんなレポートもあった。

> 「何故、狩りをするのか」、この答は狩りをする人だけが分かっている答です。我々は、それを想像することは出来ますが、真にその答を知ることは出来ないのじゃないでしょうか。いえ、むしろ知るべきではないことなのかもしれません。それは、「伝統」だからです。伝統とは秘密の開示と共に滅びていくものでしょう。もし、マタギの伝統を守りたい、と思うなら、その秘密を公開してはいけないのではないでしょうか。

 この時の授業で、マタギの「送りの言葉」、「ウカベトナエ」などと呼ばれる秘密の言葉の話もしたものとみえる。このレポートのなかに見える伝統への畏敬の念もまた大事なことだろう。だが、わたしはもう少しその先へ迫って行きたいのだった。
 けものと人に差別が無いこと、その一点が緊要な点であると思う。一瞬でもその点をきちんと感じていること。そのことが。熊を自分たちの祖先と感じているアイヌのひとびとのように、である。それがこの時のわたしの結論だったと思う。

 もうひとりのレポート。「多くの奴隷の中から一人を選ぶのと多くの花から一輪をつみとるのと、変らないのだと思えば、私達自身が日々生きている事が、生と死の流れの中でどういうものかわかると思うんですけど」と記した後、欄外で、

> 難しいテーマでとても話すのが大変でしたでしょう。ご苦労様でした。大切なことですよね。

と、ねぎらいのことばを掛けてくれた。

 このときわたしは何人かのほんとにすばらしい学生たちに支えられていたのだと思う。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
金胆(きんい)
金胆(きんい)  金胆(きんい)と呼ばれるものがある。熊の胆の中でも、飴色をしていて、細かく砕くときらきらと金色に輝くつぶつぶになる。そのキラキラの輝きは、照明を工夫しないと撮れないので撮らなかったが、先日「姨捨山」からの帰りに、高山でその金胆を買って持って使っているお姉さんに見せてもらった。光が当たるようにして見ると、ほんとに金の粒のようにキラキラして、きれいだった。そのもともとの持ち主だった熊は橋本繁蔵さんが獲ったものだ。獲ったのは2002年。その年の5月に、こんなもの知っているかといって、乾し上がった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 07:45
最高の一日 2009年2月15日飛騨山中
最高の一日 2009年2月15日飛騨山中 今年も、2月15日、猟期の最後の日に、橋本繁蔵さんに熊狩りに連れていってもらった。 橋本さんと行く冬の飛騨の山中は、人生最高の楽しみのひとつだ。 彼の技を間近にみせてもらえる。 そしてわたしもその技のいくらかを覚えてゆく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/09 11:47
今年の熊狩随行が終った その1 車の道作り・体力の節約・見極め
今年の熊狩随行が終った その1 車の道作り・体力の節約・見極め  今年の熊狩随行が終った。2月1日に高山に入り、2月2日から8日まで猟師、橋本繁蔵さんのところにお世話になった。今回もまた多くのことを学んだ。  藤村克裕さん、みかみめぐるさんとともに橋本さんの猟場を案内してもらったのは11月の15日のことだった。ちょうど猟期の始まる日だ。東田盛さんとともに彼の猟場のかなりの部分を案内してくれた。  それから次に彼から連絡があったのは12月26日のことだ。大きなクマを獲ったという連絡だった。その収穫を祝福した。  だがその後29日に、そのクマを解体した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/09 11:15
昨日橋本繁藏さんから電話があった
昨日橋本繁藏さんから電話があった  昨日橋本繁藏さんから電話があった。山の奥に入ってみたら、クマの足跡が九個あった、ということだ。  十一月十五日に橋本さんに案内してもらって、猟場を見て廻ったときには、足跡はひとつもなかった。昨日は寒さもそろそろといった感じだったので東田さんと入ってみたということなのだ。それがぴったり当たった。寒さの感じから、そろそろ今年の寝穴を決めに歩き出すころだと感じたのだという。「おれもおすねえものだ」という。「おそろしいものだ」というぐらいの意味だろうか。「ピタッと当ってしまうのがこわいぐらいだ」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/27 07:41
橋本繁藏さんに猟場を案内してもらった
橋本繁藏さんに猟場を案内してもらった  十一月十五日、橋本繁藏さんに猟場を案内してもらった。橋本さんは知る人ぞ知る飛騨の猟師だ。クマ撃ちを専門にしている。同じく飛騨の猟師で、猪狩りの名手である東田盛さんと二人で、飛騨の山中、橋本さんのクマ狩りの猟場を案内してくれた。案内してもらったのは藤村克裕さん、みかみめぐるさんとわたしの三人だ。案内してもらったのは彼の猟場の半分たらずだということだが、その広さに驚いた。そのうちの半分が彼一人の猟場だということだ。仕留めた場所というのを教えてくれるのだが、そのどれもが、崖にも近い急坂の斜面で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/23 07:56

トップへ | みんなの「橋本繁蔵」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ 橋本繁蔵のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる