アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「熊」のブログ記事

みんなの「熊」ブログ


《帰路の残雪》

2017/04/11 00:02
瀬谷こけし

画像



 高山からの帰路、せせらぎ街道を通ればこういう残雪の道を通ることになる。こういう残り雪にもなつかしい思いがする。穴ごもりしているクマはいつ穴から出てゆくかそろそろ考え出す時期か? 橋本繁蔵さんは、穴の中で土のにおいをかぎつけて、出る時期を決めるのだと言っていた。土のにおいと、それと花粉の臭いもなのだろうか。繁蔵さんが言っているのは、もっと山深いところの穴で冬ごもりをしているクマの話だったが。あたり一面雪の中の木穴でかぎつける風にのって遠くからやってくる土のにおい。そのときそのにおいには花粉のにおいは含まれていないのだろうか?

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


これが「サク」 なめとこ山あたりの熊が最初に食べるもの

2011/03/18 18:59
瀬谷こけし
 これが「サク」。「コシャク」とか「コニンジン」とも言うらしい。セリ科。なめとこ山あたりの熊が、春、冬眠から起きて、最初に食べるものだという。熊が食べるのは葉っぱの部分。この知識は、花巻の高橋美雄さんから聞いたもの。まずは辞書の写真だけ。植物自体の写真もどこかにあるはずだが、すぐには出て来ない。人間も食べることができる。根を粉にして食べることもあるそうだ。これは救荒食として保存する場合。日常食には葉っぱを天ぷらにしたり、ゆでてゴマ和えにしたりすると美味しそうだ。
 今、東北の山野にこれは生えていないだろうか? このたびの大地震で、避難中のひとから、「餓死しそうだ」というツイートをもらった。近くにこんな草は生えていないだろうか。ナマよりゆでて食べた方がよいようだが。わたしも、食べれる草やその食べ方について、知識をもっていたいと思う。知っている人がうらやましい。だが、「うらやましい」で済ませたくない。


画像
「サク」



=======================================================================
「サク」の写真が出てきた。そこで、その「サク」の写真と、それを教えてもらった時の写真を追加。

画像
岩手山、2007.9.12


画像
なめとこ山のサク、2007.9.13


画像
犬、名前は短く言うと「ジロー」




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「熊」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ 熊のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる