アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「桜」のブログ記事

みんなの「桜」ブログ


《今年の黒田百年桜 2017.4.28》

2017/05/01 01:54
瀬谷こけし

画像

画像

画像

画像

画像




 今年は見に行くのが少し遅くなったが、それでも美しい。八重の花弁はほぼ完全に散っていたが、一重のものはまだ少し残り、そして旗弁だけの花もあった。この桜の、雄蕊が変形して、旗弁になっているものを教えてくれたのは吉田晴吉さんだった。それもこのくらい、少し遅い時期に見に行った時だった。晴吉さんは、桜のことばかりでなく、村が統合したものとして続いてゆくための秘訣のようなことを教えてくれた。私にとってはあつく恩のある師のひとりだ。
 晴吉さんが倒れたのは、確か4月30日で、その前日も百年桜の話をうかがっていたのだった。寒い日だったが。旗弁のことを教えてもらったのがその時だったのか、あるいは桜の根のところに黒砂糖を埋めて、それでこの百年桜が元気を取り戻した、という話をしてくれた時だったか。どちらかだった。黒田屋の中の暖かいところで話をうかがえばよかったという後悔は消えない。
 今年も黒田百年桜を見に行くことができた。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《芹生の里 2016.4.24》

2016/04/25 11:12
瀬谷こけし
 ここに行くには貴船を越えてゆかなければならないが、貴船の通りはいつも思慮も腕もない運転者がいて、渋滞を作り出す。そしてその渋滞をチャンスとばかりに客引きをする茶屋の女将もいて、ますます渋滞が増す。うんざりしてくる場所だ。
 貴船を越えれば、道は細いが、みなわかって運転をしているのでさほど危険はない。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像









記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さくらばな -- 今年の花と

2013/04/06 05:28
瀬谷こけし
 先にも紹介したが、山中智恵子のこの歌から:

> さくらばな陽に泡立つを目守(まも)りゐるこの冥き遊星に人と生れて

 北白川の疎水の桜はすこし散り始めていた。今年はじめて、今日見ることが出来た。
 陽がおぼろで、陽に泡立つさまにはならない。そして桜には他の表情もある。
 疎水べりにひときわ白い桜があった。

 ここの桜たちに今日出会えた。

> こ年の花とけふや別れむ

そうなるだろう、か。


疎水のさくら
画像


画像


画像


画像


半木(なからぎ)のさくら
画像


画像


画像



「さくらびと」という概念が得られた。
心からさくらに染まり、天地とつながる。




========追加 2013.04.07=======
「さくら」という名のあることについて

「名無きは、天地の始めにして、名有るは、万物の母なり」
(無名、天地之始、有名、万物之母)
(『老子』)











記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0


さくらばな

2013/04/05 16:07
瀬谷こけし
 満開のさくらばなは「陽に泡立つ」と見えるが、それ以上の、言い難いものを秘めおいているように見える。私にはまだ読み切れない山中智恵子の歌:

> さくらばな陽に泡立つを目守(まも)りゐるこの冥き遊星に人と生れて

 すでに終っているものがある。気づかぬ人が多くとも。
 (Facebookに4月5日掲載のものの再録)









日本感性史叙説
創言社
中路 正恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本感性史叙説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


《拙句 川桜》

2013/03/27 20:39
瀬谷こけし

画像



 春雨か咲いて三分の川桜














記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


市原にも桜が咲いていて…

2012/04/14 01:57
瀬谷こけし
 昨日アップしたニーチェ論が、なかなか気に入っていて、今日は少しその修正をしていた。多分一段落ほど飛躍させているが、早く要点を書いてしまいたかったので、とりあえずこれでよいにしておく。気に入っているのは「醜いもの」も「事物」ではないか、という問を立てることではじまる問題を示したことだ。今年はささやかだが、非常に重要な新しい思想や、解釈を世に示すことができている。そのひとつが「無主の境」だし、もうひとつがこの『悦ばしい知識』276読解だ。どちらも新しい思惟の場を世に提供していると思うが、読んで理解してくれるひとが、十人に達するにも相当時間がかかるだろう。だがそれでいい。それがわたしの場所だ。
 それで、善いものを纏められたので、気持ちよくいつもの市原の原っぱ方にいった。ここにも桜が咲いていて、随分と感じるものがあった。桜の写真を撮る前に、原っぱの草を見て、撮影していたので、桜に戻った時にはもうあのはじめにあった光線の魅惑による枝枝の色合いの絶妙さは消えていたが、それを偲べるぐらいのものは何とか定着できた。
 原っぱの草々は元気に育っている。一番元気に見えるのはアメリカ秋のキリン草(セイタカアワダチソウ)の今年生れのものたちだ。オオバコと似た葉のものも元気だが、あれがオオバコなのかよくわからない。オオバコは、小学校の頃、ウサギの餌に取っていたので分かる気がしているのだが、原っぱにあるのがそれなのかどうか、葉っぱの色や固さが違うので(こちらの方が柔らかく、また薄い色)、わからないまま。
 だが最近は色々なことが分かってきている。この大型焼却場の裏山が、先日夜泣峠から見た「向山」なのだ。だからここを登っていっても、夜泣峠に着けるはずだ。そういえばこの前滝に行く時に使った鉈の手入れをしていない。洗って汚れをとって、必要ならば研がなければならない。今朝は誰か私のブログの中の「橋本繁蔵」のものにアクセスしてくれたひとがあるのを確認して、とりわけ嬉しかった。今日13日はほぼ雨。飛騨での授業の計画が整った。『ああ、野麦峠』についての会田進先生の授業を市民に公開することのOKも得られ、手筈も進んだ。授業の翌日に、学生を何人か集めて工女たちが歩いた道を信州側から歩いてみるプランを立てようとしているが、うまく立てられるかどうか。3,5kmの道の方は一昨年の台風のせいで、案内できないようになっている、とだけ聞いた。
 (写真はずべて4月12日のもの)

画像

画像

画像

画像
画像

画像







記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


【写真】 桜 (「美しい町」2011年4月12日)

2011/04/13 23:04
瀬谷こけし
 桜の枝は角のように枝別れする。前からそんな印象があったが、それを松を背景にして撮ってみた。撮影場所:京都造形芸術大学構内。


画像





記事へナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


タンポポ・つくし・桜 (2011年4月1日)

2011/04/02 00:04
瀬谷こけし
 写真3枚。


画像



画像



画像




 白川通りの道端にタンポポの花。カメラを出して近寄ると、つくしも。しかもだいぶ美味しいさかりを過ぎている。ほとんどは胞子がもう飛んでしまっている。とりあえず何枚か撮る。自転車を足にしているとこういうものも目につくからうれしい。
 それから今日は銀閣寺へ行った。その疎水の桜。写真の一木が一番咲いているもの。このくらいの時期はとても美しいと思う。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


深草の……

2010/04/15 00:44
瀬谷こけし

深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け

誰の歌かは知らない。昔は知っていたと思うが。恐らく源氏物語の中に出ていたものだと思う。

わたしの大学一、二年の時の歌だ。
わたしが大学一年の11月13日(これは母の誕生日なのだが)、姉が死んだ。

それから一年、わたしは喪に服そうと思った。
それで一年間、学生服で通した。
これがわたしの喪服だった。
当時ですら、学生服で大学に通う人間はほとんどいなかった。
だがわたしはそれを貫いた。
それほど姉が好きだった。

わたしが四人も子供をもったのも、ひとつには姉との約束のようなものだった。
亡くなった姉に、わたしは心の中で、姉のようにやさしい子供をたくさんつくるね、と約束した。
その約束を果たすことが出来た。

今年ばかりは墨染めに咲け。
伏見には墨染という場所がある。
墨染桜が咲く場所のはずだ。

わたしは喪に服していた。
一年間。
青春のただなかの一年間を。

それほどわたしは姉が好きだった。
姉、千代子が。



【写真】 深草の桜。2009年4月6日撮影。カメラ:NikonD60。

画像深草の桜









記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今年の桜 (写真二枚)

2009/08/20 00:58
瀬谷こけし
今年の桜、写真二枚。撮影は4月6日。


画像今年の桜1


画像今年の桜2


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
今日、黒田の百年桜は小雨の中美しく咲いていた
今日、黒田の百年桜は小雨の中美しく咲いていた 今日黒田へ行って、あの吉田晴吉さんが入院されていると聞いた。 早い回復を祈る。 だから見舞にも行かない。病院でおとなしくしてくれていた方が早く回復するということだから。 そういえば二十日に黒田に行ったときに、あの桜守りの晴吉さんの姿がみえないので、どうしたのだろうと思っていたが、そういうことだったのだ。先月三十一日に入院したということだった。 吉田さんといる時間はわたしには特別なものだ。特別に楽しい時間だ。 早い回復を祈る。 今日百年桜は、小雨の中、美しく咲いていた。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/24 20:54

トップへ | みんなの「桜」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ 桜のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる