アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「鬱病」のブログ記事

みんなの「鬱病」ブログ


《ロベルト・シューマンの風景》

2017/06/20 23:00
瀬谷こけし


画像



 シューマンの風景が最近急に変わりつつあるように思う。演奏で言えば、アンデルシェフスキの《早朝の歌》op.133、イッサーリスの《チェロ協奏曲》op.129、ホリガー解釈の《早朝の歌》、《カノン形式による6つの小品》op.56、《3つのロマンス》op.94、ケルニャック&ロイツィンガー《ヴァイオリンソナタ第1番》op.105など。他にも何曲か上げられるだろう。シューマンの最晩年の(と言っても40代の)曲が理解され、弾かれるようになってきたのだ。---これは驚くべきことだ。それによって、私的に述べさせていただくなら、バッハを聴いて喜びと満足を覚える世界観が崩れてしまうようなことなのだ。---ほとんど鬱病の底とも言うべきメンタリティーが確実に理解され、広がり、そして絶望的な非常に苦しい葛藤の細部にまで光が当たるようになってきたのだ。シューマンの偉大さ…。
 それとともにシューマンが、ヘルダーリンと非常に近いところで発見されてきたのだ。
 ホリガーは、ロベルト・シューマンが1853年11月初旬(エンデニヒの精神病院に入院する4ケ月前)に書いた「チェロのためのロマンス」をクララが1893年にブラームスの助言を受けて焼却してしまったことを重視する。---なんという犯罪! 

 しかし、何にせよ、先述の演奏者たちによって、最晩年のロベルト・シューマンの音楽が理解され、聴きうるようになったことを、わたしは喜びたい。



灰の音楽~シューマン&ホリガー:室内楽作品集
ユニバーサル ミュージック
2014-09-10
ホリガー(ハインツ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 灰の音楽~シューマン&ホリガー:室内楽作品集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「鬱病」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ 鬱病のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる