サッポロ大通り公園 啄木の歌に寄せて

啄木歌碑


瀬谷こけし

幅廣き道の冷えゆくベンチにはひとに見られてねむる人あり
                       (2007.9.23)

(大通り公園のベンチに寝ているのは旅行途中の青年ばかりでなく、重ね着をしたホームレスもいる。決して多くはない彼ら。他のもっと暖かい場所がないわけではない。自分の人生の終わりを、誰かに見られ、知られて終わりたいというささやかな希い。誰か、普通の、普通の市民である人に。自分もかつてはその仲間であったその普通の市民のなかで、その片隅で、そうしてかすかに人に見られて。)

歌碑の啄木の歌はこうだ、
しんとして幅廣き街の秋の夜の玉蜀黍の焼くるにほひよ

いい歌だと思う。自分ひとりの感覚で立っていて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック