ヘルダーリンの「パンと葡萄酒」 “Brot und Wein” von Hoelderlin

瀬谷こけし
ヘルダーリンの詩の朗読CDが手に入った。朗読はBruno Ganz。正確な韻律で読んでいるものと思う。
エレギー、とかオーデとか。
自分の思っていた読み方とずいぶん違うので、驚くと同時に、ヘルダーリンの詩が普通の詩人の詩とまったく別物なのだということがわかる。
ほとんど呪詛に聞こえるのだ。多くのドイツ人にとってもそうなのだと思う。
「~はどこにある、~はどこにある」、などということを本気で真っ正面から疑問にして問うているのだから。
たとえばあの(ギリシアの)玉座や神殿はどこにある、等々(パンと葡萄酒)。
ほんとは呪いや呪詛ではなくて、深々と現在を問い出しているものなのだが。
わたしはそれを、山中智恵子や屈原に倣って、「ショウコウ(心尚+心兄)」と呼びたいところだ。

だがともかくこういう詩には堪えられないドイツ人が多いだろう。
(ドイツ人に限らない)


7
Weiß ich nicht und wozu Dichter in dürftiger Zeit?
Aber sie sind, sagst du, wie des Weingottes heilige Priester,
Welche von Lande zu Land zogen in heiliger Nacht.

Brot und Wein, Hölderlin

=====

7
例えば「パンと葡萄酒」の7の終わりのところ。
 Weiß ich nicht und wozu Dichter in dürftiger Zeit?
Aber sie sind, sagst du, wie des Weingottes heilige Priester,
Welche von Lande zu Land zogen in heiliger Nacht.
(Brot und Wein)

乏しい時代に詩人が何のために存在するのか、わたしは知らない。
詩人は、酒神の聖なる司祭のように、聖なる夜の中を、国から国へと移り行くのだ。
(詩人に引き付けて意訳)

聖なる夜の中をめぐり歩くより他のことを知らない者……。

=====

さらに、その詩の最後の一行の終わり。

9
selbst Cerberus trinket und schläft.

これが酒神の存在の意味なのだ!!!

ツェルベルス(地獄の番犬)さえ酒を飲んで眠るのだ、と。

葡萄酒はすでにキリストの血さえをも溶解させて、ディオニュソスの酒になっているのだ。
この"trinket"(現在時制)に気を止める人は少ないのではないだろうか。
いやいや、ヘルダーリンをドイツ語で読もうとするほどの人なら、みな深くそこに気を止めるだろう。

このさりげない” trinket und schläft”が酒神の存在の意味なのだ。
(控え目にいって、そこにまで酒神の恩恵は至っている)




*2012.2.6/2017.3.21
・ミスタイプ一ヶ所修正(「i」→「l」)。
・「"trinket"」→「"trinket"(現在時制)」に補足。





ニーチェから宮沢賢治へ―永遠回帰・肯定・リズム
創言社
中路 正恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニーチェから宮沢賢治へ―永遠回帰・肯定・リズム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Holderlin: Gedichte Gelesen von Bruno Ganz
ECM
2008-11-18
Bruno Ganz

ユーザレビュー:
独特の静謐さに満ちた ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック