バケペンタであたらしい撮り方

瀬谷こけし
先述したバケペンタで発見したあたらしい撮り方。近づいてローアングル、ということだが、こうして構えてみると、草々の意識や配慮のようなことはよりよく分かる気がする。場所や高さから来る光や風を受ける条件。成長への努力がどういう形をとるかということ、そんなことが。ともあれ6枚。ご覧いただければ幸い。
(共通データ Pentax 6×7, 135mm Macro, film: RPA F)

No.1
画像



No.2
画像



No.3
画像



No.4
画像



No.5
画像



No.6
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック