朽木に行った (スキー場ほか)

瀬谷こけし
 今日は次年度の「東北地域学」のプリントの柳田国男のところを纏めてしまおうと思っていたが、(昨日で)久しぶりに仕事から解放された実感を味わいたくて、権現山の雪の具合を見に行った。見たのは登り口や下の方の山肌だけだが、日陰の山肌で10cm程度。これではカンジキを穿いて面白く走るわけにゆかない。もう一雪待たないといけない。
 確認はすぐに済んだが、これだけでは来た甲斐がない。様子見に朽木の方まで行ってみようと思った。木地仕事を習うかもしれない沢井さんのお宅がどのへんだったかも確認しておきたかった。そして行ったことのある「そば屋」や「さば鮨屋」や「喫茶店」の場所や様子も確認しておきたかった。
 そのうち前方の道路表示に「朽木スキー場」の案内があった。わたしは朽木にスキー場があるのを知らなかった。スノーボードを練習してみたいという気があるので、まずのぞきに行ってみることにした。ここなら自宅から約一時間で行ける。比良のスキー場より行きやすい。
 今日はのぞいただけ。それと料金の確認。小さいスキー場で、教室も開いていないようだった。けれど入門の練習なら十分だ。
 それだけ見て戻ってきた。



画像
朽木渓谷と呼ぶところらしい
この突き出た岩が獅子頭(か竜の頭)のように見えて、車を停めた


画像
町の風景 新しいきれいな建物


画像
これが朽木スキー場
写真には写ってないが、もちろん客もいる
上の方は曇って見えない





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック