合歓の花 (Lumix 草木写真)

瀬谷こけし
 添削が提出できたので、今日は原っぱに行った。この前に行ったのが6月22日だったから、10日ぶりだ。随分久しぶりの感じだった。
 原っぱの方は、人手が入って、すこし伐られていた他はあまり変わらない。この伐採は、切り方から見て、多分役所でなく、近在の人たちだ。まあ、ともあれ、そんなに変わった様子ではなかった。
 むしろ気づいたのは、合歓が咲いていたこと、それも既に盛りを越えてしまっていたこと、そのことだ。去年はそういう写真を撮ったが、合歓には雨が似合う。濡れしおれた蕊のさまが、何とも合歓らしい。「西施が合歓の花」の美学はそれで認めるしかない。
 だが、今日の鞍馬川岸の渇いた合歓に射す夕方の陽も、それなりのものだ。合歓の咲く季節、夕方も長く、そして夕方の時刻は、ひとに、千々に、ものを思わせる時刻。
 こんな夕べがあるから、こころがのびやかに広がる。


画像


画像


画像
カミキリムシか?


画像
合歓の花、

画像



画像
しをれかけて、

画像


画像


画像
このあたりから、

画像
西施のように、


画像
艶めかしく、

画像
鞍馬路は直射す合歓の夕陽晴れ

画像
最後の〆はしじみ蝶で。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック