瀬谷こけし
 自転車で走っていると、いろいろなところに秋を見つけることができる。葉がすこし色を変えている、という、黄や赤に、それぞれおのれの秋の色に変えているということなのだが。そんな、少し色を変えはじめた樹々や葉に出会った。もうそう珍しいことではない。それに昨日は空気もよかった。おだやかで、やさしく、暖かで。安心してもう秋なのだと言える、そういう日になっていた。
 このところいろいろな用事に追われて、ほとんど町の景色を見ることがなかった。京都の町はいつの間にか秋になっていた。さくら花を咲かせていた葉が、秋に会い、秋の色に自らを染める。川端通りは、そんな風に明るかった。それで久しぶりに写真を撮った。

 まだ自分の写真展の反省をしていない。幾つかはある。ひとつのテーマはひとつのカメラとフィルムで撮ること。---今は500mmレンズを使い、35mmフィルムカメラで撮ること。結局キャノンのFDマウントのカメラで撮ることになるが、それをきちんとしてしまうべきこと。
 写真を撮ることで、大地から育ってゆくもの写真を撮ることで、はじめてこころが安らぐところがわたしにはある。その安らぎが欠かせない。

  さくら花秋に会ひきと色そめて
         苹果の肌を恋ひつつやゐむ  (拙詠)


画像


画像


画像
りんご色にみずからを染める桜の葉。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック