欅の色、夕雲の光り

瀬谷こけし
 この何年か、白川通りの街路樹の色をよく見ていなかったが、何となく、秋には黄色に染まるものの気がしていた。だが今年は赤く染まる木があった。それも一番最初に色付いたものが赤だった。
 そうか、そうだった。欅は紅葉する樹だった、久しぶりにそれを思い出した。最初に染まり出してから一週間ぐらい経っているかもしれない。修学院の近くにも、赤く染まる欅があった。
 そして大学では、青い空の下に、夕陽と雲と光の壮麗なあそびが繰り広げられていた。今日はもうひとつ手紙を書こう。京都の秋はこれから。



画像
欅はこんな色に染まるものと思っていたが

画像
こんなに赤いものもある。
むしろ昔はこうだったと、
数年前のことがかすかに記憶に残る。

画像
高野川右岸の植込みから
めずらしく
アワダチソウ(踊り草)が首を出していた。
(後ろの山は比叡山)

画像
大学で、
夕方近く、
研究室に向かうと、
壮麗な光と雲のあそび。

画像
こんな光景も、
この大学が提供してくれる、
誰も所有できない宝のひとつ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック