圧倒されとおし---飛騨の白山の麓

瀬谷こけし

飛騨の白山

画像



 6月7日、「環境文化論・飛騨」の初日は圧倒されとおしだった。まずは飛騨の山野の美しさに、そしてご担当いただいた先生方やものを教えてくださった方々の知識や知恵や技や知見に、そして懇親会では「夢見る芸大生」たちの志に。
 政井みねの墓の専勝寺では本堂に上げてもらって勤行に与らせてもらったし、「河合振興事務所」にあるみねの資料室を紹介してもらうこともできた。そして今でも和紙を作りつづけている柏山さんによる「こうぞ」から作る山中和紙の作り方の説明にもとても感動した。草ぐらいの高さしかない楮が一年で3mほどになることにも驚いた。O先生からは楮が桑の仲間だということも教えていただいた。---教わることの楽しさ!
 圧倒され通しだったが、わたしにはとても豊かでうれしい一日だった。飛騨の山野とひとの美しさを改めて認識できた一日だったから。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック