蛾とクモ

瀬谷こけし
 このまっ白の蛾、「ホソバ」という名前のつくヒトリガ科のものらしい。白い米粒のような形のガで、なかなか美しかったのだ。写真ではよくわからないが、どうやらこのガはクモに捕まってしまったらしい。
 実を言えば写真を撮ろうとしてカメラを近づけてピントを合わせていた時(TG-2はそれを繰り返して近づいてゆく撮り方が向いている)、指に着いたハエを払おうとして息を吹き掛けたところ、その風でクモの巣に懸かってしまったようだ。バタバタしていたが羽根がうまく開かないようだった。そしてちょっと見ないうちにこうした形になっていた。このガは飛べるのだろうか、もう飛べないのだろうか?
 結果は見ていない。
 森鴎外の『雁』を一寸思い出した。
 (平湯温泉で見たこと)



画像
クモの方が

画像
だいぶ小さいのだが…。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック