《昨日、朽木へ》

瀬谷こけし
 昨日のこと、PM2,5らしきものが京都の空をも包んでいて、一日中車の窓を開けなかった。だがこのくらいの曇りは、春霞とどう違うのか分からない。PM2,5だとしても、今に始まったことではなく、もう10年以上前から訪れているものだろう。自分の場合で言えば黄砂の季節になると不整脈が起るようになったのは、そのくらい前からのことだ。放射能による身体不具合と、どちらがどうなのか、どちらがどう身体を、脳を、臓器を、蝕んでいるのか、わたしには分からない。決して良好な環境に住んでいるわけでないことは分かるが。
 そして昨日、朽木まで行った。プジョーの試運転として。路面上に雪はなかった。塩カルによって解けて、湿っているところは何ヶ所もあったが。プジョーの206というコンパクトな車だが、とても気に入っている。とても鋭敏な所もあって、神経質なほどの気の使い方をしなければならないところがある。国産車ではありえないようなところだ。特に低速で走っている時ほど気をつかう。そして非常に正確なライン取りも出来る。わたしは左カーブでもクリッピングポイントを奥にもってゆく走りをするので、(常習的に)車線を越えてはみ出して来る対向車は肝を冷すことがあると思う。だらしない運転が好きでないので、そういう車に譲って避けてやることはあまりないのだ。ぎりぎりまで回避運転をしない。たいていははみ出して来た車の方が正路にもどる。
 運転をしてますます気に入って来た。生き方のスタイルがひとつ描ける気がする。左膝あたりをコンソールボックスに着けて走ればシャーシの状態、路面やタイヤの反応はだいたい掴める。
 朽木では道の駅に寄っただけだ。そこに車を止めて、川端に出た。まだ寒そうな川や山々。この村には何があるのだろう?---まだ何もわからない。


画像


画像


画像


画像


画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック