《飛騨の紅葉の三千の荘厳》

瀬谷こけし
 むすめが生まれた時の高山からの帰路の紅葉の美しさが忘れられない。山々がすっかり紅く燃えていた。せせらぎ街道が今ほど整ってはいず、通る車も少なく、そして雨だったのだが。
 山は笑い、谷は歓喜する。飛騨路の紅葉は今からが盛りに入ってゆく。落葉松の葉も黄変し間もなく落ちる。
 谷には木々の歓喜がひしめく。


画像

画像

画像

画像

画像









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック