《蝋梅雀一目十羽》

瀬谷こけし


画像

画像


 このところ連日隣の蝋梅に雀が来ている。30羽ぐらいはいそうだ。おおよそ一目十羽。キャーキャーと、いや雀だからチュッチュッチュッチュと鳴き騒いでいるが居場所はあまり移らない。それに花弁を食べるなど食事をしている鳥も極めて少ない。集まりを楽しんでいるのか? 見ていると5羽ほどよそから飛んで加わってきた。仲間なのかどうかはわからないが、少しも排斥する様子はない。その前日には、ヒヨドリが一羽上の方の枝に飛んできて止まったが、雀たちはその時、逃げるのではなく、むしろみなが枝を二三段ずつ上がって、ヒヨドリとの間合いを一歩ずつ詰めていった。数十センチ以内には近づいていない。ヒヨドリもそうして詰め寄られると気分は良くなさそうだ。ゆっくりと食事はできないという雰囲気。確かに食事のためにやってきたようで、少しずつでも食べていた。また、ヒヨドリの後ろ上方の電線にはカラスもいるので、雀に気を取られていると、自分の身の危険もあるようだ。---結局雀たちの集合は、えさ場を同類のために一定時間確保しておくことが主要な目的のようだ。鳴き声も同類を呼び集めているのではないか。やってきた同類たちはまず腹ごしらえをしているように見えた。これは2月4日、5日に観察したこと。写真は2月5日撮影。---言い忘れたが雀たちは枝をつついていることが多い。そうやって食べているのが樹皮なのか樹液なのか虫なのか、そこまでは観察していない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック