《郡山:被曝家族の像》

瀬谷こけし


画像

画像

画像

画像

画像





 19日は郡山に行ってホテルに泊まった。部屋の窓から下を見ると何やら変なものが見えた。それを確かめたくて、そして夕食をとるために、外に出かけた。郡山の駅前を夜に歩くことは女子大に在任中もめったになかった。そういえば昔やくざの多い町だと聞いていたことを思い出した。まあそれはそれ。「なか卯」で食事をとって、少し町を西の方に歩いて、安女の近くで引き返して、それからさっき見た変なものを確かめに行った。変なもの、人のようで鳥のようで。何にせよ父母子三人の家族のようだった。それは郡山の放射能被曝をした家族の肖像に見えた。制作年をしらないので、わたしのたんなる思い込みかもしれないが、ここも、確かに少なからず被曝したはずだ。その事実は記念し、記憶しておきたい。事実と言うよりむしろその悲惨な現実は。この鳥たちはきっとずっと、放射能被曝のつらさ悲しさを語りつづけてくれるだろう。人間の愚かさの記念。世界遺産なるものも、ほとんどが人類の愚かさの遺産ではないだろうか。
 翌朝は、街を掃除する人々がたくさん出ていた。ここに住むためには、こうした努力を続けることが必要だろう。わたしもここに住むのなら毎日毎朝、少しでもひとが住みやすくなるように、掃除をしたいと思った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック