《ヴィスコンティの「仕事中」》

瀬谷こけし

 『ボッカチオ'70』というオムニバス作品の中の一つだが、ロミー・シュナイダー主演の伯爵夫人が夫とのセックスを「セックスというお仕事」にする悲しみがテーマという上野千鶴子好みの作品。それはそれでいいのだが、シュナイダーのドイツ語とイタリア語の使い分けがとても面白い。夫の伯爵はドイツ語が分からないという設定になっている。逆に執事の一人とはドイツ語が通じる。
 だが夫の伯爵はフランス語はできるようだ。読んでいる小説がロブ=グリエの『消しゴム』(当時の最新のフランス小説)だというところがもう一つ面白いところだが、映画の内容と『消しゴム』の内容とが交差しないところが、いまいちと言えばいまいち。ロブ=グリエの小説こそ表面をなぞる視線の繰り返しの無限性という(バロック的な)恐ろしさを現代化したものに思えるが、その点から見ればヴィスコンティはまだ「人間的」な作家かもしれない。
(この記事は2016年7月15日にfacebookに掲載したものです)






ボッカチオ’70 [DVD]
ニューライン
2003-11-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボッカチオ’70 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック