《ヘルダーリン1802年12月2日の手紙》

瀬谷こけし


画像



 
 ヘルダーリンの1802年12月2日付のべーレンドルフ宛の手紙の最後の部分をみてみよう。ここでヘルダーリンはすぐに返信をくれと切望しているのだが、それはプシュケあるいは「われわれの思想の発生」についての非常にデリケートな事情を明らかにしてくれているように思う。
 まずはそこのところ、原文の紹介から。

≫ Schriebe doch nur mir bald. Ich brauche Deine reinen Töne. Die Psyche unter Freunden, das Entstehen des Gedankens im Gespräch und Brief ist Künstlern nötig. Sonst haben wir keinen für uns selbst, sondern er gehöret dem heiligen Bilde, das wir bilden. Lebe recht wohl!
Dein H.

 実を言えばこの文章の「Sonst」から始まる一文の意味が、わたしには今一歩よくつかみきれないのだ。この文中の「keinen」は「keinen Gedanken」のこととしか捉えようはなく、またその後の「er」も「Gedanken」を受けているとしか理解しようがない(男性名詞は他にはFreundしかない)。しかしそうなると、「sondern」の手前までは、《「友たちの間で分かちもたれる魂(Psyche)」や「対話や手紙の中での思想(Gedanke)の発生(Entstehen)」、---それは芸術家たちに必要なものなのだが、---それの他にはわたしたちはわたしたち自身のために何(の思想)ももっていないのだ》という文意になる。上記の「魂の共有」と「思想の発生」は、同じ事態のことを表現を変えて言っていると考えられ(「ist」と単数として受けている)、これこそが(芸術家にとって)極めて大事なことであり、この手紙のやり取りでもわたしが君に求めているものなのだ、ということである。ここまでのことは大変よくわかる。

 問題は「sondern」以下である。ここまでのことを極めて大事なこととして理解するとき、「sondern」以下の文はどういう意味をもつことになるだろう? 「sondern」は前文の否定語「keinen」に対比される。《われわれは「こうして発生した思想」をわれわれのものとしてもっているが、それ以外には(どんな思想も)ももっていない》と先に確認された。しかしここでヘルダーリンが「er(それ)」を使うとき、この「er」は厳密に「こうして発生したわれわれの思想」を受けていると取らねばならない。そして《こうして発生したわれわれの思想は神聖な像に属するのだ》と言われる。そしてさらに敷衍して「この神聖な像」は《われわれのかたちづくった》ものだと説かれる。「sondern」以後をまとめると《こうして発生したわれわれの思想は、まさにわれわれのかたちづくる神聖な像に属するのものなのだ》と訳せるだろう。神聖な像はこのようにしてわれわれによって形作られるのだというのである。対話において生まれる「魂」や「思想」がストレートに「神聖な像」の形成に結び付く。神聖な像の神聖さは、対話の中で生まれる泡立ちの泡の神聖さのように思える。---対話は、神聖を生み出す竈なのだと、ヘルダーリンの主張を語ってよいだろうか? 「生み出す竈(Entstehungsherd)」という語は、ニーチェの使う用語であるが。

 ともあれこの最後の部分、「er」の捉え方で混乱を導きやすいが、このように理解してヘルダーリンの考えと相違することはないだろう。そして、まったく外連味のない書き方をする彼の文章の性格とも相反することのない解釈となるだろう。

 最後にここのところの浅井健二郎の「ドイツの人々」(『ベンヤミン・コレクション3』ちくま文庫)の訳を紹介しておく。

≫ どうかすぐに便りをくれるように。君のうちから湧き出る純粋な響きを、ぼくは必要としている。友人同士のあいだに魂(プシュケ)が通うこと、会話や手紙のなかで思想が生まれ出ること、そういったものが芸術家には必要なのだ。それ以外にぼくたちは、自分自身のためのいかなる思想ももってはいない。そしてぼくたちの思想は、ぼくたちがかたちづくる神聖な像に捧げられるのだ。それじゃあ、お元気で! 君のH

 「捧げられる」という語にやや違和感を感じるところあるかもしれないが、ヘルダーリンが考えまた実践したことは、このようにまさに献身といえるような純粋な行為であっただろう。




ベンヤミン・コレクション〈3〉記憶への旅 (ちくま学芸文庫)
筑摩書房
ヴァルター ベンヤミン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ベンヤミン・コレクション〈3〉記憶への旅 (ちくま学芸文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック