《国府の桜まつり》

瀬谷こけし

 今日(4月16日)は京都に戻る日だが、昼前に国府に行って、先日左岸の道を通り過ぎただけで戻れなかった宮川右岸の桜を見ておこうと思った。ここを見ておかないとどうしても心残りになりそうに思ったからだ。飛騨地方はまさに今が桜の見ごろだ。広瀬の交差点から入り右岸の通りを北から下がってゆくと幅50m、長さは400mぐらいに囲まれた区域があり、その外からでも桜が美しい。車を空きスペースに停めて撮影をしていると、前方(南方向)に西に折れて入ってゆく車がある。駐車場があるようなので、そちらにゆくことにする。平日だけに駐車場はまだだいぶ空きがある。近いところに止めて桜園になっている北の方に歩いて行った。ひとも混雑していなくて桜を見るには好適だ。そして、ここの桜は色合いや花の付き方の違うものがいろいろあってわたしにはとてもうれしい。それらのいろいろな重なり方を楽しめるのだ。川側の一部には並んで連翹も花開いている。あるいは桃の花もあるかもしれない。隣接しながら重なり合ってとても美しいのだ。---わたしは、単色に並ぶソメイヨシノの並木が、嫌いと言うわけではないが、そんなに好きではない。揃えるのではなくそれぞれがおのれ自身の色に花開いていってほしいと思うのだ。いろいろな種類のさくら。ここではそれが楽しめる。


画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像

画像



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック