《水陸万傾 2014年8月1日》

瀬谷こけし


画像



  昨日は山百合忌に参会した。一番感銘したのはそこで紹介された今上陛下の水俣での歌:

> 患ひの元知れずして病みをりし人らの苦しみいかばかりなりし

また別のところでも触れたいが、普通の歌人なら「ならむ」と今現在にひきつけて詠んでしまうであろうところを、「なりし」と、きちんと過去の事実を定着させているところだ。それに感動し、また驚愕した。
  散会後北上市に向かった。今日の宿をそこに取ったからだ。一関を越えたあたりから西側の野や田畑の風景に感動した。紀古佐美が「水陸万傾」と感動やむことなく銘記した風景、土地。この風景がずっと北へ続く。「蝦夷の生を存する所」と古佐美は記し、ここに羨望の念が表白されていることは明らかなのだが、その私の説に賛同してくれる人はこれまで一人も現れていない。残念なことだ。

(これは2014年8月1日にFBに掲載したものを再掲したものです)
(2018年8月29日 御製の歌を一行で見えるようにしました)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック