《山中智恵子の手書き原稿を》

瀬谷こけし

画像



 さる方から山中智恵子の手書き原稿をいただいた。山中さんの手書きの字はわたしにはとても読み取りにくいものだったが、これはまだ相当に読みやすい方に思う。しかしそれでも読みを確定させるには幾つか手順を踏まなければならない。調べてみると全集に入れられており、検討してみればそれと違いはないようだ。夏行の詠草のようだ。

> 梅雨朧(おぼろ)の月にありしかわが憶(おも)ふ定家の隠岐は涙湖の奥(おき)に

 隠岐に流された後鳥羽院への定家の思いを推して詠んだものだろう。期待をかけられる存在でもなくなってゆくあるかないかのおぼろ月。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック