《刈田のシロセキレイ》

瀬谷こけし

画像

画像

画像



 一乗寺向畑町(京都市)の刈田に二羽のセキレイがいた。ペアのようだ。水に近いところでしか見たことのない鳥なので、果たして穀物を食べるのかここで虫を探しているのか観察しようと思ってカメラをかなり望遠にしてスクリーンをみていた。何かを補足したように見えたのは右側の土の方に一瞬飛んだ時だけだった。やはり穀物は食べず、この刈田で虫を探していたようだ。写真を撮ってかえって調べれば目のところの黒線からこれはシロセキレイなのだろう。一羽の方は顔の色が少し黄色い。---アルキュオーネは12月の冬至のころに卵を孵すというから、この二羽、むしろ巣作りの材料を探していたのかもしれない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック