《神レンズ》

瀬谷こけし

画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像



 カレンダーが欲しくて『カメラマン』の1月号を買った。中を見ると「神レンズ」という特集をやっていて、13人のカメラマンが一人おおむね三本ずつ計34本のレンズを推薦している。そんな高価なレンズをわたしはもったことがないのだが、けれど思い浮かべれば一本のレンズが思い浮かんだ。今はなきヤシカ・コンタックスマウントのマクロプラナーF2.8、60mmのレンズだ。フィルムカメラの時代がほぼ終わって、着けるボディーがなくなってしまったが、アダプターを介してマイクロフォーサーズには使える。それで短い間だがLumixGX1に着けて使っていた。大きいレンズなだけにGX1ではボディーが小さく、ビューファインダーも持たないので常用することはなかった。このレンズがもう少し大きなボディーに着けられるようになるとよいのだが。ニコンの新しいZシリーズなどには期待している。
 ともあれ久しぶりにGX1に着けて撮った写真。シャープさもコントラストも色バランスもとてもよいと思う。わたしにとっての「神レンズ」としてこの一本を上げさせてもらいたい。
 写真は上掲。まさに神レンズで気に入りの写真がたくさん撮れる。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック