《煙り出し》

瀬谷こけし

画像



 上高野村を歩いていて、こんな煙り出しのある家を発見した。この辺でももう滅多に見なくなってしまったが。茅葺ならともかく、囲炉裏を使って瓦葺にするならこうした煙抜きの窓のようなものを装備しておくことは常識的なことだっただろう。だが、わたしが郡山で聞いた話では、ある家系、つまり渡辺家ではこうした煙り出しの窓を造らないということだった。その理由は、渡辺綱の家系なので、(復讐のために)鬼が入ってこないようにとそうした出入り口を造らないということだ。そんな伝えも、もう郡山の方でも知っている人が少なくなってしまっていることだろう。京都ではどうなのだろうか? 綱の家系の家では屋根に煙り出しの口を造らなかったのだろうか? 古い大工さんなら知っている人もあるだろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック