《963というウィスキー》

瀬谷こけし

画像



 このウィスキーのことわかるひといるだろうか? どこの産物か。

 ものは普通においしいウィスキーだ。説明を見れば冷却濾過をしていないと書いてある。甘く華やかな香り、クリーンでスムースな口当たりが特徴だと書いてある。確かに飲んだ印象もそうだった。特別な頑固な味わいがあるわけではない。

  問題はどこの産かということ。この963という名づけ方が上手い。住んだことのある人なら思いあたることがあるだろう。京都の左京区ならば606になる。そう、郵便番号のはじめ3桁。

 こんなところに隠れた愛情が浮かんでいる。わかるひとはわかる。福島県の郡山市。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック