《魚を釣ると魚を捕る angelnとfangen 『ツァラトゥストラ』を読む》

瀬谷こけし
D71_0275mi.JPG

 問題にしたいのは些事かもしれない。ごくごく小さな問題かもしれない。しかしこのようなごくごく些細なことに重大な問題が隠れているかもしれない。少なくとも、ドイツ語を読まない読者の誤解を招く可能性はなくはないのだ。いまここで直接に問題にしようとしているのは『ツァラトゥストラ』第四部、「蜜の供え物」の中の次の一文だ。
>> Fieng wohl je ein Mensch auf hohen Bergen Fische? (Za, IV, „Das Honig-Opfer“, Z.32, S.297, Bd.4, KSA)
 ここのところの日本語訳を、二つ紹介しておく。どちらも参考にするに足る、大変すぐれた読解を示す訳書だ。
1) かつて、高山にのぼって、魚を釣った人間がいただろうか? (氷上英廣訳、岩波文庫)
2) かつて高い山で魚を釣った人間がいるだろうか。 (佐々木中訳、河出文庫)
 ここですでに拙訳を示しておきたい。
3) かつて高い山の上でよく魚を捕らええた人間がいただろうか? (拙訳)
 [Fieng]が[fangen]の過去形[fing]の別綴である事、[Bergen][Fische]が 複数形であることなどは特に注記するまでもないことだろう。そして[fangen]の基本的な意味が「捕獲する」であって「釣る」ではないこと、「釣る」は普通のドイツ語では[angeln]を使うことなども周知のこととしよう。そしてこの言葉の出てくるところがZaが「世界」を「海」と見て、深海にすむ希少な「人間魚」を捕まえようとし([Menschen-Fischfänger]として)山の上に餌を供えたところだという文脈も理解していることとしよう。にもかかわらず1)2)の訳はニーチェの言おうとしている主旨を誤解させてしまう可能性が少なくないと思えるのだ。それは[fieng]を「釣った」と日本語にすることから生じるのだ。つまり、ここで「魚を釣った」は「魚釣りをした」と同義だという連想が自然に働くのではないだろうか? つまり「釣り糸を垂らした」ということが「釣った」であって、それは「魚を釣り上げた」を意味しないのである。ところがニーチェがここで言おうとしているのは、「魚を釣り上げたこと」「魚を捕まえたこと」であって、「単に酔狂で釣り糸を垂れてみた」ということとは違うのである。---Zaはここで、高い山の上で、本気で人間(魚)釣りを試みているのである。そのような事情であるので、この章に少なからずでてくる[fangen]とか[Fänger]とかは、「釣る」「釣り人」等でなく「捕る」「捕獲者」と訳すことを勧める。


ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)
ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)
ツァラトゥストラかく語りき (河出文庫)
ツァラトゥストラかく語りき (河出文庫)

《山中智恵子鎮魂の歌》

瀬谷こけし
71D_7754ami.JPG

 山中智恵子鎮魂の歌

> きみさらにながながし夜を千年の孤独をもちてひとりかもねむ


 わたしのFBのプロフィールに掲げていた歌。表題を「山中智恵子への挽歌」としていたのだが、どこかそぐわないところがあるのが気になって「山中智恵子鎮魂の歌」と変えた。

 いつまでも忘れないでいたい。


《供犠Opferと餌Köder 『ツァラトゥストラ』第四部「蜜の供え物」より》

瀬谷こけし
20191010D71_0078花背峠mi.JPG


 『ツァラトゥストラ』第四部冒頭の「蜜の供え物」(Das Honig-Opfer)からはじめの方の[opfer]を含むところを適当な長さで引いてみよう。テキストはProjekt Gutenbergのものを使う。

> —„So wird es sein, oh Zarathustra, antworteten die Thiere und drängten sich an ihn; willst du aber nicht heute auf einen hohen Berg steigen? Die Luft ist rein, und man sieht heute mehr von der Welt als jemals.“—„Ja, meine Thiere, antwortete er, ihr rathet trefflich und mir nach dem Herzen: ich will heute auf einen hohen Berg steigen! Aber sorgt, dass dort Honig mir zur Hand sei, gelber, weisser, guter, eisfrischer Waben-Goldhonig. Denn wisset, ich will droben das Honig-Opfer bringen.“—
Als Zarathustra aber oben auf der Höhe war, sandte er die Thiere heim, die ihn geleitet(*1) hatten, und fand, dass er nunmehr allein sei:—da lachte er aus ganzem Herzen, sah sich um und sprach also:

Dass ich von Opfern sprach und Honig-Opfern, eine List war’s nur meiner Rede und, wahrlich, eine nützliche Thorheit! Hier oben darf ich schon freier reden, als vor Einsiedler-Höhlen und Einsiedler-Hausthieren.
Was opfern! Ich verschwende, was mir geschenkt wird, ich Verschwender mit tausend Händen: wie dürfte ich Das noch—Opfern heissen!
Und als ich nach Honig begehrte, begehrte ich nur nach Köder und süssem Seime und Schleime, nach dem auch Brummbären und wunderliche mürrische böse Vögel die Zunge lecken:
—nach dem besten Köder, wie er Jägern und Fischfängern noththut. Denn wenn die Welt wie ein dunkler Thierwald ist und aller wilden Jäger Lustgarten, so dünkt sie mich noch mehr und lieber ein abgründliches reiches Meer,
—ein Meer voll bunter Fische und Krebse, nach dem es auch Götter gelüsten möchte, dass sie an ihm zu Fischern würden und zu Netz-Auswerfern: so reich ist die Welt an Wunderlichem, grossem und kleinem!

 動物たちから「今日は高い山に登らないか、空気が純粋(rein)で、今日は以前より世界の多くのものが見える」とさそわれ、ツァラトゥストラ(以後Zaと略記)は「お前たちはピッタリの、わたしのこころにかなう忠告をしてくれた」とよろこび、それに同意するが、さらに「高山の上で使えるように、黄色く、白く、良質の、ひんやりと新鮮な、なまの黄金の蜂蜜を用意してくれ」と動物たちに注文をつける。「というのも、知っておいてくれ、わたしは山上で蜂蜜供犠(das Honig-Opfer)を捧げようと思っているのだから」とZaは動物たちに説明する。だが山上で彼はお供をしてきた動物たちを帰してしまう。それからが一人になったZaが語ったことになる。
 まずこうである。
Dass ich von Opfern sprach und Honig-Opfern, eine List war’s nur meiner Rede und, wahrlich, eine nützliche Thorheit!
ここのところ氷上英廣はこう訳す。
>わたしが供え物、それも「蜜の供え物」などと言ったのは、口先のたくらみにすぎなかったのだ。だが、それも思わぬ役にたった! (氷上英廣訳、岩波文庫)
氷上は[Opfer/Opfern]を「供え物」と訳す。[Opfer]は中性名詞で、単複同形。ここで[Opfern]の形は共に[von]に従い無冠詞複数3格形である。[Opfer/Ppfern]に「供犠」の語をあてて試みに訳すと「わたしが供犠と、蜂蜜供犠と言ったのは、単に語りの上でのたくらみに過ぎなかったのだが、そんな愚かなたくらみも、実際、役に立ったのだ!」というぐらいになるだろうか、その有益さは、ひとりで山上にいれば(洞窟の前などより)よりのびのびと語れる(freier reden)、ということだったのだろう。
次の、
Was opfern! Ich verschwende, was mir geschenkt wird, ich Verschwender mit tausend Händen: wie dürfte ich Das noch—Opfern heissen!
も注意深く読まなければならない。試みに訳せば「何を供犠に捧げるというのか! わたしは、自分に贈られるものを浪費するのだ。このわたし、千の手をもつ浪費家は。どうしてわたしが供犠という行為に、---その上それを供犠を捧げるなどと呼ぶことに堪えられるだろうか!」というぐらいになるだろうか(*2)。Zaは神々に犠牲を捧げるという気持ちで「蜂蜜の供犠」を供えるわけではないのである。それでは何のために? 一言で言えばそれは餌(Köder)として、釣りの餌、狩りの餌として供えるというのである。彼の動物たちに蜂蜜を集めさせた時にも、ほんとうは獣や鳥をおびきよせ、舌なめずりをする「餌」として用意させただけだったのである。そしてそのように餌を供えることによって見えてくる世界を、猟師にとっての世界と対比してニーチェは次のように述べる。
> Denn wenn die Welt wie ein dunkler Thierwald ist und aller wilden Jäger Lustgarten, so dünkt sie mich noch mehr und lieber ein abgründliches reiches Meer,...
(というのも、世界が暗い動物の森で、すべての野生的な猟師たちの快楽の庭であるならば、わたしにとっては世界はむしろはるかに深い深淵をなす豊かな海であると思えるのだ。|拙訳)

世界は、神々も釣りをしたり網を投げたりしたくなるような、色とりどりの魚や蝦や蟹の類のたっぷりといる海であり、そのように世界は大小の驚くべきものに満ちているのだ(so reich ist die Welt an Wunderlichem, grossem und kleinem)とZaは見る。第四部は海の深淵からそのような驚くべき者たちを釣り上げるZaの深海漁の章になるだろう。



==========

*1) この[geleitet]は[leiten](導く)の過去分詞と考えるより[geleiten](お供をする)の過去分詞と考えた方が通りが自然になるだろう。
*2) この文の[wie]以下だが、読解には注意が必要である。まず大書される[Das]は指示代名詞で、先行する[was opfern](何かを供犠に捧げる)という行為を指す。[noch]の手前までを訳せば「どうしてわたしが供犠を捧げる行為に堪えることが出来ようか」という意味になる。そしてそこにさらに付加を示す[noch]が加わり、さらにダッシュに続いて付加される当のものが示される。それが[Opfern heissen]である。ここまで来れば[wie dürfte ich Das noch Opfern heissen!]という、[noch]の後に不定詞とその目的語の補語をともなって完成した文の形が見えてくる。ここで[heissen]は他動詞で[Das]をAkkusativ(4格)の目的語とし、[Opfern]をその4格目的語の述語補足語(Prädikatsakkusativ)としていると考えなければならないが、その4格の述語補足語は名詞の場合それもまた4格名詞になるということに注意しておかなければならない。ということはここで[Opfern]は4格だということなのである。しかし名詞[Opfer]は単複同形であり、[Opfern]という形をとるのは複数3格の場合のみである。とすればこの[Opfern]は[Opfer]の複数形ではないということである。とすればどう考えればいいのか? 答えはこの[Opfern]は動詞[opfern]を名詞化して大書したものと考えるべきだということである。だからこの[Opfern]は十分に動詞的な意味を込めて理解しなければならない。手塚富雄は「どうしてそのことを---供え物をするなどと呼ぶことができよう」(2002年、中央公論社)と訳すときこの細かな意味の違いを大変的確に捉えている(たいていの日本語訳はここのところ飛ばしてしまっているが)。

ツァラトゥストラ〈2〉 (中公クラシックス)
ツァラトゥストラ〈2〉 (中公クラシックス)

《小橋 京都古知谷》

瀬谷こけし

DSCN9491mi.JPG
DSCN9492mi.JPG
DSCN9493mi.JPG

 こんな詩を思い出した。

> Und über einen Bach gehen wohlgebaute Stege.

 ヘルダーリン(Hölderlin)の「春」(Der Frühling)という詩の終結行だが、この詩は大学一年の時から好きだった詩だ。1828年5月の作だと今ではわかる。主語(wohlgebaute Stege)は無冠詞の複数で、必ずしも多くの橋を目にしながら詠んだ詩ではない。

 一昨日、玉子を買いに大原にバイクで行って、この上なく爽やかな空気を感じて、その空気を失いたくなくてヘルメットのバイザーを上げてゆっくりと古知谷まで走った。その帰り道、ささやかな小橋を見つけて、このヘルダーリンの詩が思い浮かんだのだ。「Stege」は小さな橋のことだ。人々の普通の生活の中のありがたい橋。ヘルダーリンが目にしていたことが何かよくわかる詩だと思う。(ヘルダーリンはベートーヴェンと同年の生まれ。そう考えると時代が掴みやすくなると思う)


《アルプ・シュレイの近くに 『ツァラトゥストラ』第四部「求めてなった乞食」》

瀬谷こけし


数百メートルほど先のやや上方の草地に数頭の放牧牛がみえる

01a_DSCN9881mi牛a.JPG

わたしが土石道と呼んだところの写真三枚

06a_DSCN9896miaa.JPG
07a_71D_3758mi土石流道a.JPG
08a_71D_3762mi土石道aa.JPG

 『ツァラトゥストラはこう言った』第四部に「求めてなった乞食」(Der freiwillige Bettler)という章がある。その中に、これまで誰も注意したことのある人を知らないが、次の文章がある。まず氷上英廣の日本語訳で示そう。


>しかし、それにもかまわず山道を行き、登ったり、くだったり、時には緑の牧場のそばをすぎ、時にはむかし奔流があれ狂って、その川床となったらしい、石だらけの荒涼とした谷間をわたって行った。そのとき突然、かれの気持ちがまたほのぼのと暖かくなり、やさしくなった。

 「どうしたのだろう?」とかれはみずからにたずねた。「何か暖かい、生気をおびたものが、わたしを元気づける。そうしたものが近くにいるらしい。

 (『ツァラトゥストラはこう言った』下、岩波文庫、p.219)


 ドイツ語も示しておく。

> Indem er aber weiter und weiter stieg, hinauf, hinab, bald an grünen Weiden vorbei, aber auch über wilde steinichte Lager, wo ehedem wohl ein ungeduldiger Bach sich zu Bett gelegt hatte.- da wurde ihm mit Einem Male wieder wärmer und herzlicher zu Sinne.

„Was geschah mir doch? fragte er sich, etwas Warmes und Lebendiges erquickt mich, das muss in meiner Nähe sein. (Projekt Gutenberg)


 問題にしたいのは下線をほどこしたところである。

 ここでニーチェが描いているのは、スイス、シルス・マリーア近くのコルヴァッチ山腹の「パノラマ道」の200mほど下方の、そしてアルプ・シュレイ(Alp Surlej)のすぐ上手まで続く「(かつて氾濫時に川床となったと思われる)荒れた石床道」(wilde steinichte Lager)のことではないだろうか? この「石床道」については、一昨年シルス・マリーアを訪れた時、少し気になって記したことがあった。というのも、何よりも東側の農家のある方から道を歩いてきて、この、どうしてこんなものができたかよくわからない「石床道」まで来た時、上方からカウベルの音が聞こえてきて、ずいぶんほっとしたことがあるのだ。ニーチェもこの場所で、彼の場合は「石床道」を下から上がってきて、農道に達したあたりで、その上方に放牧される牛を感じ、そして発見したのではないだろうか。このような石床道と放牧場との関係は、ニーチェの経験した場所の中でもめったにないものだろうと思われるからだ。

 彼は上掲引用の少し後でこんな風に描いている:


> かれはあたりを見まわして、自分の孤独を慰めてくれたものをさがした。と。見よ、そこには一群の牝牛が丘の上に寄り集まっていた。かれらに近づいたので、その匂いがかれの心を暖めたのだ。(同前)


> Als er aber um sich spähete und nach den Tröstern seiner Einsamkeit suchte: siehe, da waren es Kühe, welche auf einer Anhöhe bei einander standen; deren Nähe und Geruch hatten sein Herz erwärmt. (ibid.)


 わたしが2017年8月26日のブログに書いたことを再掲しておこう。



===============
> その太い道を少し下へ辿ると、今度は幅15mほどの土石流の跡と思える土石道が下に続いていた(この土石流の上方、標高2300mあたりのところで先ほどブルドーザー二台が工事をしていたが、その工事の音が止まった。さっきの岩雪崩のせいだろうか? 谷筋は違うのだが)。そこの土石流跡に乾いた牛のフンらしきものが一つだけ落ちていた。これはとても励ましになった。四つ足が歩けるなら人間も歩ける。こうしてわたしは道を外れ、土石流の跡らしきものの上を歩いていった。約1km程だろうか、掴まる木も草も岩もないので、自分が滑落しないように十分注意しながら下りた。下りた先には人が集まっていて、飲食を提供してくれそうな家が見えた。後で聞いたのだがここがアルプ・シュレイ(Alp Surlej)というところだった。

===============

 わたしはそれを「土石流」の跡と見たのだが、それはニーチェの見て感じたものとほとんど違わないだろう。

 きっとニーチェは『ツァラトゥストラ』の「求めてなった乞食」=「山上の垂訓者」をこのコルヴァッチ山山腹の放牧場で、牝牛に囲まれる牧夫を見て、そこに現代の山上の垂訓者の姿を読み取ったのだろう。---わたしはこの時残念ながら『ツァラトゥストラ』のこの段を思い出すことなく、したがってあえて牝牛や牧夫を見に行くことをせず、「ピラミッド石」に急ごうとしていたのだった。


ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)
ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)

続きを読む

《『ツァラトゥストラ』第四部「蜜の供え物」より》

瀬谷こけし
71D_7749ami.JPG


こんな会話がある:
--- Liegst du nicht in einem himmelblauen See von Glück?
(お前は空の青さの幸福の湖にひたっているのではないか?)
--- Mein Glück ist schwer und nicht wie eine flüssige Wasserwelle.
(わたしの幸福は重たいもので、さっときえさるさざ波のようなものではないのだ。)
(Aus Das Honig-Opfer in „Also sprach Zarathustra“ IV.)
(『ツァラトゥストラ』第四部「蜜の供え物」より、拙訳)

 ここにはオルタ湖の幸福が読み取れないだろうか? そのさざ波のえもいえぬ美しさ。1882年5月、モンテ・サクロでルー・フォン・ザロメと二人でみたオルタ湖の幸福。---そして、そこからの別離。ニーチェ自身はそこから離れなければなかった。自分のためのもっと重たい幸福に忠実であるために。


71D_7674mi.JPG
71D_7680mi.JPG
71D_7723mi.JPG
71D_7730ami.JPG
71D_7742ami.JPG
71D_7750ami.JPG
71D_7753ami.JPG
71D_7754ami.JPG
71D_7778mi.JPG


ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)
ツァラトゥストラはこう言った 下 (岩波文庫 青639-3)