《折口信夫の異人論》

瀬谷こけし
OMD04959aami.JPG

 思い出したことがあるので記しておく、京都造形大学(現京都芸術大学)で赤坂憲雄さんをお招きしてあるシンポジウムが開かれたことがある。はっきりとは覚えていないが、折口信夫と異人論が中心テーマだった。わたしはそれにただのひとりの聴衆として参加していた。意外だったのは聴衆の半分以上が外国人で、しかもほとんど観光客として来ていただけで、日本語の議論をおそらく何一つ理解できていないし、もともと理解しようとする気もなく、そこにいるだけのひとたちに見えた。日本人の聴衆は十数人程度だった。

 造形大からは浅田彰さんがパネリストとして参加して、フェリクス・ガタリをネタにして何かを話していた。テーマは「エトランジェ」(ストレインジャー)で、それに折口の「まれびと」絡ませようとしていたと思う。赤坂さんは、自分の異人論わかりやすく説いていたと思う。

 その二人のパネリストの発表が終わって、質問の時間になったのでわたしは手を挙げて質問をした。要は、それぞれのパネリストは、折口が、異人の中の異人であるというべきキリストのことをどう捉えていたと考えるのか、とういことを尋ねたのだった。そしてその問いの基礎として、折口の短歌、

>基督の 眞はだかにして血の肌(ハダヘ) 視つゝわらへり。雪の中より
         『倭をぐな以後』「冬至の頃」

を挙げて紹介した。折口について語ろうとする人なら当然知っているべき短歌だ。
 だがパネリストの二人はどちらも知らないようだった。赤坂は、いつかわたしの問いにちゃんと答えるようになりたい、と答えた。浅田は何を思たのか、ドゥルーズとはともかく、ガタリとは直接の親交があるのだと、何の答えにもならないようなことをしゃべって煙に巻いただけだった。赤坂憲雄は今は答えられるのだろうか? その答えをまだ聞いていない。

 わたしが後悔したのは、外国人の聴衆が多かったので、ほんとなら折口の歌をその場で英語にでも翻訳して紹介すべきだったということだった。そのことをなぜか不意に思い出した。そこで、以下、試みに訳してみる。

  Christum, naked and bleeding,
  Skin and body together,
  Witnessed, I laughed from the deep snowfall.

 よい翻訳案があったら教えてほしい。

===== 補足 ======
 上記の拙訳について一言補足しておく。冒頭の「Christum」は対格(accusativ)なので西欧の教養人でこれを主語と誤解する人はまずいない。とはいえ会場のだれひとりそのことを理解しない可能性は大いにあったと感じている。英訳とはいえラテン語を入れる必要はあるのだ。
(2020.6.11)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント