加茂川右岸の桂 これも三月三日のもの

瀬谷こけし
 これも3月3日のもの。加茂川右岸(西賀茂)。桂は見慣れた木だが、この時期、こんな近くで見るのは初めてだ。雄株と雌株があるが、写真は多分雌株のもの。果実ができて、袋が割れて、そして赤い蹄のような芽ができているところのようだ。できればこの辺も観察してゆきたい。
加茂川右岸の桂の木
画像
案内札があって気づいた
画像
赤い芽の先と割れて開いたもの
画像
割れ開いているのは「袋果」というものだろう
画像
そしてこの赤いひづめのようなもの







"加茂川右岸の桂 これも三月三日のもの" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。