《ススキ----飛び立つ準備を整えて》 1/4秒の幸福

瀬谷こけし
 去年まではほとんどフィルムで写真を撮っていた。それで何が楽しかったかと考えると、1/4秒の時の間を共有することだった。被写体と、つまりは草や花と。中版、もしくは大版のカメラを使っていた。シノゴのフィールドカメラ。それからマミヤの67。そしてハッセルブラッドを手に入れてからは主にそれで。どのカメラでも撮り方はほとんど同じだった。絞りはほぼいっぱいまで絞る。f/45とかf/32とかまで。フィルムはフジのプロビアが中心だ。ISO100のフィルムだから、撮ろうとすると、だいたい1/4秒ぐらいのシャッタースピードになる。必ず三脚に載せて、ミラーアップして撮る。そうしてセットしてから、風の止まる1/4秒間を待つ。ずっと待つ。風よ吹くな、と祈るようにして。
 そんな写真をまた始めたくなった。だが今のデジタルカメラだと絞ってもf/22ぐらいまでなので、1/4秒は難しいかもしれない。高速なシャッター速度は、やはり、撮影者本位の時間になってしまう気がする。カメラマンが鮮明な映像を手に入れるためのスピード。しかし1/4秒なら、事情は違ってくる。草たちと、花たちと、時間を共有することができる。それは同時に環境を共有する時間になる。風、光、そして水分。そんな環境を共有して、そしてしばらく、時を共有する。

 そんなことを考えていたが、今日はバイクなので、三脚を用意してない。ただできるだけシャッタースピードを落し、ISO感度を落して撮影をしていた。ブレた写真はやっぱり使えない。90mmのレンズ一本で、1/160秒のシャッター速度で撮ることにした。久しぶりに穏やかな天気だった。ここには貴婦人と呼びたくなるススキがある。夕方の光に、キラキラを穂を輝かせ、なびかせていた。
 小穂の毛が銀色に輝く。種たちは飛び立つ準備を整えて、さらに何かを待っている。


画像


画像


画像


画像


画像



画像


画像


画像


画像


画像






 

"《ススキ----飛び立つ準備を整えて》 1/4秒の幸福" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。