《流れ Stroeme:『ツァラトゥストラ』第四部を読む》

瀬谷こけし

OMD01256aami.JPG

 『ツァラトゥストラはこう言った』第四部19「酔歌」-4に次の言葉がある。氷上英廣訳で「もうわたしは死んだのだ。終わったのだ。…[中略]…ああ! ああ! 露がおりる。時が来た--- (Ach! Ach! der Thau fällt, die Stunde kommt—)」と言われているところにすぐ続くところである。

>  —die Stunde, wo mich fröstelt und friert, die fragt und fragt und
 fragt: „wer hat Herz genug dazu?
   —wer soll der Erde Herr sein? Wer will sagen: s o sollt ihr laufen,
 ihr grossen und kleinen Ströme!“

試みに訳しておくと、
> ---わたしを凍えさせ氷らせる時が来た。時は問い、問い、さらに問う:「だれがそれに十分な心を持っているか? と。
  ---だれが大地の主であるべきか? だれが、おまえたちは そ う 走るべきだ、お前たち大小の流れたちは! と言おうと欲するだろう?」と。

 「流れ」(Ströme)が問題であり、大小の流れがどう「走る」(laufen)かが問題である。ここで「走る」については第三部2「幻影と謎」-2の中の「およそ走りうるすべてのものは、すでに一度この道を走ったことがあるのではなかろうか?」(氷上訳)(Muss nicht, was laufen kann von allen Dingen, schon einmal diese Gasse gelaufen sein?) の「laufen」(走る)を思い起こすべきである。「走る」とは時間の中を走ることであり、生成するということを意味する。またここで「Ströme」(流れ)においては、ヘルダーリンの「... Wenn nemlich über Menschen/ Ein Streit ist an dem Himmel und gewaltig/ Die Monde gehn, so redet/ Das Meer auch und Ströme müsssen/ Den Pfad sich suchen. ..」(MNEMOSYNE、 Zweite Fassung)の詩句を思い出すべきではないだろうか? ヘルダーリンは(天上で熾烈な争いがおこる危機的な状態で)数々の「流れ」がそれぞれ自らのための道を探さねばならない必然を語っていた。ニーチェは、瞬後に真夜中が訪れる危機の瞬間に、何者かが大地の主として流れにこう走れと命ずる事態を思考している。その命ずる者、大地の主はだれか? それは一神教の神ではなく、流れを構成する多元的な要素の意志であり、多元的なすべての意志の名前であるディオニュソスであるというべきである。ということはここでニーチェが言おうとしていることは、ヘルダーリンの歌う、溢れた流れがみずからここを走ろうとして見出す流路(Pfad)を走りゆくことと違うことではない。流れみずからが大地の主になって、みずからはこう流れるべきだと決定してゆくのである。選ばれた流路が、意志され、肯定された流路になるのである。そのように、意志され、肯定された流路になることこそが唯一重要なことだとニーチェは語っている。



"《流れ Stroeme:『ツァラトゥストラ』第四部を読む》" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント