《同志社最終授業 今出川》

瀬谷こけし

20200122OMD01913同志社最終夜景mi.JPG

 同志社での授業が終わった。来年度からはもうわたしの授業はない。水曜日は受け持ちが5コマ目、6コマ目なので終わると夜になる。どうやって帰るかを考えながら、構内の美しい夜景を楽しんで、出町柳まで歩いて帰ろうかとも思ったが、コーヒー豆を買っておく必要があって、それには宝ヶ池のコンビニがよいので、地下鉄で帰ることにした。ベンチで一枚だけ夜景を撮った。それから駅に向かうとあのラーメン屋が目に入り、寄って食べて帰ろうと思ったが、やはり行列なのであきらめた。そして駅の近くの壱番屋でカレーを食べて帰ることにした。これも最後だからのちょっとした贅沢。
 こともなく食事を済ませ、こともなく地下鉄で国際会館まで行き、いつものとおり宝ヶ池通りを歩いて帰った。と突然、昨日も田辺校地の帰りの駐車場で、第九の第三楽章の旋律が浮かんできたのだが、それがまた浮かんできて、その音楽の慰めに気づいていた。ベートーヴェンも終わりの近づきをひしひしと感じながらこの曲を作っていたに違いない。先週の今日(水曜日)は帰路この同じ道を歩いていると『ドイツレクイエム』(ブラームス)の「Ich will euch wiedersehen..」の曲と歌詞が浮かんできたのだった。曲中でどういう意味合いで使われていたかはまったく思い出せないが、先週のわたしの意識の中では「euch」は学生たちで、これまで教えてかかわったすべての学生たちのこと、とりわけドイツ語を教えることでかかわった学生たちだ。また会いたいと。それだけ充実した満たされた授業だったのだ。できるならば繰り返したいと思うような。
 さすがに今出川での授業はここ数年だけのことなので、田辺で教えた経験の方が重さも思い出すことも多い。今出川では、「ドイツ語応用」を担当することが多くなって、その中では素晴らしい力をもった学生いつも少なからずいた。田辺でもヘッセの『樹木』を講読して、実際の大樹を見に学生たちを木津川に連れて行ったこともあるので、そのころも「応用」の授業はもたせてもらっていたのだ。
 今日も「応用」の最終授業で、先週の期末試験の採点結果の報告と、テストの詩(ヘルダーリンの「春」1828年5月)の解説をした。今年の学生の読解力は著しく下がっている。もう少し頑張れば自力で読めるようになるだろうという学生が三十人中の数名(内一名はあとほんの少しで自力で読めるようになる)。これは間違いなく文法の授業をしなくなったためだ。文章を文法的に詰めて読むという練習がなく、その前提となる知識すらなく、思い込みで自分のファンタジーの世界を作り上げてしまうのだ。70分の試験時間に全精力を傾けて読んで、まったく原詩とは縁もゆかりもないような言葉の連なりを作り上げてしまうのだ。その無駄になった精力を救えないのか? 詩は自分の感覚でそれぞれに理解して読んだらいいという人がいるが、これは大変な誤解で、誤読はそれぞれに様々に無数にでもできるが、正しい読みはほとんどただ一つしかないのだ。詩人は、自分の詩想が誤解なく伝わるように細心に心を尽くし技を尽くして言葉を織りあげる者なのだ。詩人の施した細心の配慮を礼儀を知らぬものが土足で踏み散らすようなことは詩の読解でもなんでもない。コンマの位置一つにも細心の注意を払わなければ詩は読めない。そのためには正規の文法を踏まえておくことが欠かせない。外国語について文法規則の習得をおろそかにする教育は人文学を殺し、過去の人類の宝を殺すものでしかないだろう。そういう教育にたいしては過去の宝を尊重する教育の豊かさを実践的に示し続けてゆきたい。



"《同志社最終授業 今出川》" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント