テーマ:バイク生活

琵琶湖の西、高島へ

 久しぶりの休日で、レポートの採点を残りの半分だけ済ませたところで、バイクで出かけた。北の方へ。西にも行きたいが、西は遠くなるので、それなら朝から出たい。今日は疲れもたまっていて、昼近くまで起きれなかったのだから。  北へ。京都から北へ行くには必ず峠を越えなければならない。途中峠を越えて、ふと行ったことのない(バイクで)ところへ行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花背峠に秋の日を---楓蔦黄の日に

 このところ七十二候の「楓蔦黄(ふうかつきなり)」。楓や蔦が黄ばむ頃ということだ。山が晩秋にふさわしい暖かい色につつまれるころ、というので、ちょっと無理をして花背峠の方を散歩して来た。そんなには歩かない。和佐谷峠まで。  秋の色と、空気を、楽しんで来た。味わうというほどに味わったわけではないが。  歩いていると、なぜかここのとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八丁平の方にバイクで行こうとしたが…

 10月12日のこと。京都大原の奥、百井のさらに奥の大見(おおみ)から尾越(おごせ)を越えて、さらに八丁平の下のあたりまで行けるかどうか、確認しておこうと思ってバイク(SUZUKI GN125)で行ったが、道は先日の大雨(台風18号)のせいで、なかなか大変な状態だった。尾越の手前では、道路の路肩が一部崩れていた。そこは、軽なら通れる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「伊豆の痩」 後の月のこと

 芭蕉の句に >木曽の痩(やせ)まだ直らぬに後の月 (439) がある。更級への月見の(旅の)疲れがまだ癒えないことを詠んだ句だ。今年の後の月(十三夜)は10月17日。この日どこに月見に行こうかと思わぬでもない。だが、わたしも、疲れすぎているかもしれない。  どこで見たいかと言われれば、それこそ、月夜沢峠がこの上な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三方湖の方へ行ってきた

 このところ体調がよくなく、会議もあって疲れていたが、無理をして、身体に鞭を打つようにして、若狭の方に行ってきた。GNの馴らし運転もしておかねばという気もあったが。出発は午後一時、どこまで行けるか。朽木よりは遠くまで行こうと思っていたが。  若狭の熊川宿というところに道の駅があって、入った。14時18分。身体の節々を伸ばす。随分筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持越峠を越えて真弓・八幡町へ

 先日持越峠(京都市北区)の左手の山から見下ろした集落が真弓、八幡町であるかどうか確かめたくて、持越峠を越えて麓まで下り、そこから北へ、案内板の「真弓」の方に向かった。どうやら地図で確かめたように、あれは真弓、八幡町の集落だったようだ。だが、上から田圃と見えたものはそうではなく、多くは耕作放棄地だった。  それは八幡町に入っても同…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

雲ヶ畑へ行った

 写真ばかり。 ヤマトタマムシというらしい はじめて見たがキラキラで美しかった 雲ヶ畑・志明院へ まなだるい日だった 何? 持越峠から雲ヶ畑村 バイクを置いて「氷室へ」と書かれた坂道を登って行く 北側の下に集落が見える 真弓、八幡町…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バイク生活

 津軽・東京から帰った翌日の9日、二週間ほど前から約束していた納車の日。堀川通りのスズキの店に、取りに行った。スズキGN125H。20年ぶりのバイクなので、乗れるかどうか心配も大きかったが、何とか無事に買って帰ることが出来た。幾つか必需品を揃えて、荷台にカメラバッグを積んで、いつもの市原野にゆく。アメリカンタイプなので、乗り方が分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more