テーマ:西門

《清水寺の犀門》

 京都清水寺の坂井輝久学芸員のご説明によると、江戸時代の旅行案内書には清水寺の「西門」(さいもん)のことを「犀門」と記したものがあるということだ。それで西門の修復工事の時にどこに「犀」があるのか丹念に探したそうだ。その結果見つかったのが北外側のこの動物彫刻。実際の動物の「犀」は大正年間になるまで日本の国内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more