テーマ:古知谷

《小橋 京都古知谷》

 こんな詩を思い出した。 > Und über einen Bach gehen wohlgebaute Stege.  ヘルダーリン(Hölderlin)の「春」(Der Frühling)という詩の終結行だが、この詩は大学一年の時から好きだった詩だ。1828年5月の作だと今ではわかる。主語(woh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《バイクを起動させて大原・古知谷へ》

 午前中何と好い日だろうと感心するような春の日で、午後から冬眠させていたバイクを起こすことにした。ACから電源を引いてきてブーストしなければならない。かなり手間取ったがそれでも目覚めてくれた。目覚めたら、まずは大原に野菜の買い物。その前にガソリンを入れて満タンにしておく。運転は何も問題なく順調。ここのところよく歩いて体づくりをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more