テーマ:郡山女子大

《もし道楽が許されるなら》

 このところ繰り返しブレンデルの弾くリスト「波を渡るパオラの聖フランシス」を聴いている。聴くほどに緊密で、力強く、筋の通った素晴らしい演奏に思えてくる。これ以上が考えにくいほどだ。だが、一度だけ、このブレンデル以上に凄いと思った演奏を聴いたことがある。それは多分1991年3月のこと。郡山女子大学短期大学部の卒業演奏会でのこと。無理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《私が今も郡山女子大の教員だったとしたら…》

私が今も郡山女子大の教員だったとしたら、いったい何ができるのだろう。 大学のために何ができるか、ほとんど思い付かない。 きっと何もできないのだろう。 子供たちは、東京かあるいはもっと遠くに、逃がしているだろう。 だが私は大学を捨てることはないだろう。 だが何ができるのか? >汚れつちまつた悲しみに.... それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more