テーマ:ヤブカラシ

《ヤブカラシ》

 夕方が近づくまえ、三時半ごろだろうか、北向きの窓の下を見ていて、そのヤブカラシの葉を見ていて、そのヤブカラシは二階の窓まで這い上がってきていて、窓から切れる範囲は切ったのだが、一階の窓は開けられないし外からも簡単には周れないしで、仕方なくほっといたものが、風の吹いた午後、ガタッという音がしていたのだが、ヤブカラシが下まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オットトット---キアシナガバチ

 キアシナガバチのような大型のハチは(ハナバチと違って)茎の網の目をくぐって目的の花に着くのが難しいようで(羽根が大きいので)、まずは近くの茎に取り付いて、そこから目的の花に移動する。  その取り付きのときに結構失敗することも多く、落ちそうになるのを6本の足を使って、何とか持ち直してゆく。  そんな失敗を何度か見た。  (Ni…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブカラシの花と蜂

 ヤブカラシ。「花盤」と呼ばれるオレンジ色のところに甘い蜜がたまっているらしい。蜂がたくさんやってくる。今日はじめて四本の雄蕊が立っているのに気づいた。中央の一本が雌蕊だろう。 また、その下に緑の花弁が四枚ついている。これは午前中に落ちてしまうらしい。これも写真に撮ったのははじめて。  この花には蜂がたくさん集まるが、他の昆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブカラシに来る蜂たち

 午前中の日差しのある時に、隣のヤブカラシに沢山蜂がやって来ていた。アシナガバチ(セグロ、キ、フタモン)が多いが、ミツバチも来るし、クマンバチまで来る。そしてたいていはピンクの花ではなく、オレンジ色の花に来る。その花盤の蜜を舐めに来るらしい。蜜が美味しいからというだけではなく、特別な誘引効果があって、抵抗し難くなっているように見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more