テーマ:ニーチェを読む

《Vita femina: 生は女である -–ニーチェを読む(2)》

 ニーチェの『喜ばしい知の技』(Die Fröhliche Wissenshaft)第四部339番のアフォリズムを一文ずつ原文と拙訳を交互に置いて紹介します。そう長くもない文章なのですが、内容は極めて深く言いにくいものに思えます。ほのめかして言うなら、この文章を引用しているジャック・デリダではなく、ピエール・クロソウスキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《おかしな人間(der tolle Mensch)の語ること FW,125 ニーチェを読む(1)》

《おかしな人間(der tolle Mensch)の語ること FW,125 ニーチェを読む(1)》 ◇ ◇ ◇ はじめに  ニーチェが神の死について語った最も基本的なテキストである『喜ばしい知の技』(Die fröhliche Wissenshaft)125番のアフォリズムの中から、主人公として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more