テーマ:ジェノヴァ

《ウド・リンデンベルクの「アンドレア・ドーリア」》

《Udo Lindenberg; Alles klar auf der Andrea Doria》  ウド・リンデンベルクがこの曲を歌いはじめたのは1973年のことらしい。Youtubeにはその年の演奏が何本かアップされている。そのいわば若造のころに比べれば、最近のウドにはある種の風格が備わってきていると思う。パニックオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《ジェノヴァの桜》

 去年、オルタの帰りにジェノヴァに寄った時の桜。フェラーリ広場から海の方へ古い町を少し散歩しているときに見つけた花。3月11日。  シラーの『フィエスコの叛乱』を読んでいると、提督アンドレアス・ドリア公爵の甥のジャネッティーノの乱脈ぶりは、まるで今の日本の政権のありさまを見ているようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《今日で今年度の授業が終わった》

 来週の15回目は期末テストにするので実際上の授業は今日で終わった。少しの解放感を味わっている。この解放感はジェノヴァの海の光景とどこか共通する。  ジェノヴァはまだ歩き方がよくわからず、まだ数日ぐらい歩き回ってみたいところだが、そういえばこの海に船が渡る風景は、高校3年の夏、校舎の3階の教室で湘南の海を見なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《アンドレア・ドーリア》

 今年の3月、オルタ湖やモンテサクロを見た帰りに、ジェノヴァに寄った。ジェノヴァ到着が夜八時を過ぎるので、宿を駅の近くに取ったのだが、ジェノヴァ・プリンキパ駅の降り口を南口に取ってしまったので、初めてのジェノヴァの街で、夜中に一時間以上さまよい歩くことになってしまった。---このことは前に書いたことがあると思うが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 《ジェノヴァ1》

 ニーチェはどうしてジェノヴァから、突然メッシーナに向かったのか? この海の写真を見ていると、その答えがなんとなく見えてくる気がする。シチリアはまっすぐこの先にある、という感覚。試してみたくなる気持ち。  そこにもう一つ、コロンブスから学んだ冒険への意志。  そうしたものではないのか? ====…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more