テーマ:加茂川

鳥三話---鳥は飛んでいる時がカッコイイ

 木曜日は体力作りの日にしていたが、今日は娘の奨学金の書類揃えのために走りまわらなければならなかった。  それで出来た時間に、北大路橋の近くで鳥の写真を撮る。時間が悪く、この前見たツバメの竜騎兵の進軍(水面近くを高速で飛びながら虫を見つけて捕食している?)は見られなかったが、快適そうに飛んでいた。他二枚。鳥はやはり飛んでいる時がカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加茂川右岸の桂 これも三月三日のもの

 これも3月3日のもの。加茂川右岸(西賀茂)。桂は見慣れた木だが、この時期、こんな近くで見るのは初めてだ。雄株と雌株があるが、写真は多分雌株のもの。果実ができて、袋が割れて、そして赤い蹄のような芽ができているところのようだ。できればこの辺も観察してゆきたい。 加茂川右岸の桂の木 案内札があって気づいた 赤い芽の先と割れて開いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日撮らなかった写真

 京都の話である。叡電の出町柳の駅から、西へ、出町桝形商店街の方にゆくと、左手に「中州」とか「三角州」と呼ばれている川合の三角地帯がある。その道と「中州」との間に以前はとべらの植えられていて、その生垣が境界になっていた。今もそこに行けばとべらの植え込みがあると思って、その写真を撮りに行った。だが、いまや植え込みはまったく、何も無くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月27日 加茂川河原のシャリンバイ他

 添削をしていて、この度の東日本大震災のことを「地獄」として解いているレポートがあった。それに目を開かれるところがあった。どう評価してよいのか迷い、外に出て車を走らせていた。ふと思って加茂川の植物園の近くの河原に行った。潅木に白い花がたくさんついていた。「とべら?」と思ったが、後で同僚に尋ねるとシャリンバイだろうとのこと。わたしには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more