テーマ:松ヶ崎

《松ヶ崎・宝ヶ池》

 7日は一日中曇りだった。薄い色の雲ばかりで雨が降る気配はなかった。区役所に用があって出かけその後松ヶ崎から宝ヶ池に出て帰った。この松ヶ崎の山のあたりも、通学部の担当だったころは、貴船のホタル見学と同様よく夜に学生を連れて行ったものだ。---通信教育部担当になってからは、京都市内ではなく、むしろ日本の各地に連れて行って現地での授業を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「妙法」の妙 京都松ヶ崎 (3月2日)

これは3月2日の写真。よく晴れた日で、外を走りまわりたい気分だった。喫茶店で柳田国男の『雪国の春』について書いていて、書き上がったのが午後四時を周っていたか。書き上がった嬉しさとともにどこかへ行きたかったが、時刻も遅く、松ヶ崎辺りまでで今出川の方に戻る。  写真はその松ヶ崎、「妙法」の「妙」の字。京都の夏の五山の送り火のひとつ。小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more